忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
2019年11月から12月に掛けてVRM-NXのアンロックとかVRM5互換パッケージが期間限定でお安くなってますが、ぶっちゃけ今からVRMを始めるには何をどう買ったら一番安いのか?というのが今ひとつよくわかりません。
特にVRMは「VRM-NX」と「VRM ONLINE-NX」の2パターンあり、どちらがお得なのか、というのも気になるところです。
とりあえず期間限定は置いておいて、情報を整理してみました。



前提知識

VRM-NXは大きく分けて
・パッケージ版の「VRM-NX」
・オンライン版の「VRM ONLINE-NX」
の2つがあります。

パッケージ版にはNXシリーズの新規パッケージと「アンロック」というものがあります。「アンロック」は一般的に言うとVRM5パッケージを対象とした、新規購入するよりも数割安く購入できるアップグレードプログラムというものです。
パッケージの収録品は「VRM5互換パッケージ」から確認できます。

なお注意事項として、2号、7号パッケージについてはアンロックは存在するものの、NXパッケージとしては販売未定の状態になっています。
そのため、上記のパッケージをNXで使おうとするとVRM5パッケージ+アンロックを購入しなければならない、と言うことにご注意下さい。これらについては後日販売される可能性もあります。(パッケージの共通事項から恐らくライセンス絡みと推測)


オンライン版は「VRM ONLINE」用とプレビュー画像に「VRMONLINE-NX」と書かれているNX専用パーツの2種類が存在しています。(カテゴリ分けされていないので分かりにくいのですが)
VRMONLINE-NX」のパーツはそのまま使えますが、「VRM ONLINE」用のパーツはパッケージ版と同じく「アンロック」を行う必要があります。
なお、オンライン用の「アンロック」は「ストラクチャー」カテゴリーの「システム部品」に紛れ込んでいます。(せめて部品カテゴリーにして欲しい)
年ごとの個別アンロック対象パーツは「VRMONLINEアンロックリスト」から確認できます。

またオンライン版には「VRM4パッケージの移行 」サービスが存在しており、1パッケージあたり2,000ptを払うことでVRM4パッケージを「VRM ONLINE」へ移行することが出来ます。


以上の情報を整理したものが下記の図になります。






①過去シリーズを持っていない、またはVRM3までしかない場合

パッケージ版かオンライン版を選んでの新規購入になります。
一番わかりやすいパターンはVRM-NXパッケージのV0~V15(V2,V7無し)と追加キット(現在001~003まで確認)購入になります。パッケージ全部で22万円程掛かります。

オンライン版の場合、アンロック全部品55,000Ptで購入して必要なパーツを選んで購入する方法がオススメです。
年ごとのパーツアンロックはONLINEのパーツ単位で購入できる自由度が相殺されてしまうため、ピンポイントでアンロック対象がある場合を除いて、あまりオススメしません。
なお、パッケージ内容全てを単体購入する場合の総額はパッケージよりも高価になるため、VRM4第0号~第10号のパッケージ購入後に必要分を継ぎ足すと効率が良くなります。

②VRM4のパッケージを持っている、または最大の費用対効果で多数のパーツを購入したい場合

オンライン版がおすすめです。
VRM4パッケージはVRM5パッケージよりも収録パーツ数が若干少ないですが、「VRM ONLINE」のパーツを単体購入するよりも遥かにお得なセットになっており、0号~10号までを22,000Ptで移行できるのは破格の安さです。
VRM4のパッケージがなくても①と同じくVRM4第0号~10号とアンロックV4を購入すれば10万円以下でVRM4シリーズに収録された多数のストラクチャと車両を利用可能です。
「アンロックV4」を「全部品」に変更すれば15万+オンライン版の好きなパーツを追加することができます。

なお「VRM ONLINE-NX」ではなく「VRM ONLINE」で遊ぶだけならアンロックは不要です。
特に「VRM ONLINE」で遊べるレイアウトはVRM4レイアウトも含めてインターネット上で多数公開されており、NXシリーズではスクリプトの互換性が無くなるため遊べなくなるレイアウトも多いため、「VRM ONLINE-NX」と「VRM ONLINE」の両シリーズが遊べるという点についてもメリットがあります。

CaldiaはVRM4から始めてONLINEへパッケージ移行し、NX-βテストのスタートアップで先行アンロックしたのでこの②のパターンになります。

③VRM5のパッケージを持っている場合

VRM5パッケージのアンロックがおすすめです。
お持ちのVRM5パッケージに対応するアンロックキーを購入してください。
新規購入よりも30%程度安価な18万円弱でアップグレードできます。
しかもNXパッケージにはない2号、7号、追加キットも対象です。

④アンロックやパッケージよりも安い初期投資でVRM-NXを遊んでみたい

まずはトライアル版として「スターターキット」というものがあります。
パーツ数は最低限で列車も1種類しかありませんが、それ以外の制限はなく出来ることは製品版と同じです。
初めてVRMに触れてみる場合はまずそちらで遊んでみて下さい。

オンラインにあるNX専用パーツの「ADVローカル線路」や「国鉄113系2000東海道本線」はアンロック不要で単体購入できます。
今後オンラインで追加購入する場合でもNX専用パーツは上記の過去製品と競合していないため投資が無駄になることはありません。
NX専用パーツは今後も増え続けます。
専用パーツの情報は「VRMNX パーツカタログ」から確認できます。
もちろんパッケージ版を予算に応じて一つづつ購入していくことも良いと思います。



アイマジックの公式ページには情報が一通り掲載されていますが、NXのサービス自体がまだまだ不完全であることや、ページの相互リンクが不十分であることから一見では情報を追うのに苦労します。
今後もサービス内容の変更などもありえますので、最新情報は公式ページをご確認下さい。
PR
デスクトップPCをWindows10にしてVRMNXを弄れるようになったものの、少しだけ気になったので追加検証しました。

「Windows10のVMwareでWindows10のVRMNXを動かしたらどうなるか?」
という訳で以下の画像が答えです。



はい、前回と同じくレイアウターもビュワーも真っ黒だけどなんとなく動いてるっぽい現象と相成りました。
初回に検証したとおり、「VMWare Workstation Player 15で動作するDirectXのバージョンが10.1」だからです。比較検証して原因が確定しましたね。
 参考:VMware Workstation 15 Player リリース ノート

ちなみにリモートデスクトップ経由で動かそうとするとアプリケーションが生まれたての子鹿のような不安定な挙動を示してクラッシュしまくります。
3DゲームはRDP経由で遊ばないように。

以上、検証報告でした。




おまけ。
たまに昔のゲームがやりたくなるのでXPの仮想環境も持ってます。
サポートが切れる直前に構築したのでサポート終了直前の2014年Updateと最後の後の2017年WindowsUpdateも入ってます。
2002年と書かれていますが、XPを触りだしたのはSP2からですから実質2005年モノです。
あれから14年かぁ。
VRMNXをやりたいだけのためにデスクトップPCを渋々Windows10にアップグレードしました。
遂にVRMNX参戦します。

と言っても本業のデスマーチは常時進行中で暇ができた訳ではないので、触るペースは非常にスローペースになると思われます。
仕事はOffice、息抜きにPythonと言った感じ。

ひとまずvrmapiの仕様把握とデバッグ体制の強化(内部変数の見える化など)を中心にやっていきます。
その後は自作メソッドのライブラリ化とデータのファイルIOぐらいは目処つけたいところ。



Pythonのお作法がよく分からんのですがJavaとかC#やってる身としてはvrmapiはちょっと見えにくい&取っつきにくい感じ。

例えば「ListCar」だとVRMでは

ls=list()
vrmapi.LAYOUT().ListCar(ls)

と書きますが、C#的なノリだと

ls = vrmapi.LAYOUT().ListCar()

って書きたい。
Pythonだとデータ型定義が無いので出来ないんかな?

また、普通のPythonのdict型やlist型はprint()で中身を表示できるのでステータス確認が楽ですが、vrmapi.LOGだとその手の出力はやってくれないみたいなので、自作メソッド作って何とかするかも。

とりあえず少しずつ触ってみたいと思います。



1/31追記

>ls = vrmapi.LAYOUT().ListCar()

よく考えたらこれは駄目だ。
これだとls内のデータ参照先はVRMが使用(保証)している値が入ってるので、ClearとかAddとかするのはNG。

ls=list()
vrmapi.LAYOUT().ListCar(ls)

これだと値のディープコピーでVRMから切り離された(保証外)の値になるので適当に扱っていい。
VRMにアクションする時はこれらの値をヒントにvrmapiを介して制御する。
これにより外部からの直接パラメータ書き換えを許さず、動作を保証する必要のあるVRMとフリーダムに扱っていいPythonの環境を分離して共存させているわけですな。
納得!すごーい!
あけおめ記事は後ほど書くとして中途半端に終わった前回の続き。
前回の異常終了などなどの一部現象は配布プログラムに不備があったとのことだったので、改めてテストしてみることに。
なお、サポート対象外なのは同じです。
マネしないように。(そもそも動かないからね)

●Windows8.1
同じエラーで起動前にDLL不足で強制終了。
OSレベルでDirectX12に対応してないのでこれはしゃーなし。

●Windows10(Windows8.1上のVMWarePlayer15で実行)
前バージョンはパーツをレイアウト上に置こうとすると異常終了しましたが、今回は終了せずに置けました。
面白いことにパーツは表示されませんがパーツは存在します!



見えないけど配置したであろう場所を右クリックするとちゃんと反応します。
編成配置もできました。


ビュワーを実行するとウィンドウ領域のみが真っ黒状態になります。
どうやら内部では正常に動作しているらしく、ESCキーを押すとちゃんとレイアウターモードに戻ります。
挙動から鑑みるにどうやら仮想環境内でVRMNXは正常に動いており、DirectX12関連の描画部分だけVMware側(あるいはVMwareを実行しているWindows8.1側)の制約で表示できていないような感じを受けました。
(なお、一度スクリプト画面を開いてからビュワーを実行するとエラーを吐かずに異常終了する現象が発生しました。本環境との関連性は不明)


という訳で、再チャレンジしてみましたがやはり仮想環境ではVRMNXを遊ぶことが出来ないという結論に至りました。
気分的には「ギリギリアウト」って感じです。
おとなしくWindowsを10にアップグレードすることにしたいと思います。
このところゴタゴタしてるのでOSアップグレードのタイミングは少し先になりそうですが、
一括アンロックパッケージも購入したし、Python実務経験者(と言ってもJSONファイルのレコード情報を元にC++のAPIをコールして例外検知とロギングする300行ぐらいのバッチジョブをSpiderでちょろっと書いて納品しただけですが)としてはVRMAPIの仕様を初回から追っかけていきたいところです。



関連記事


まず最初にお断りします。
βテストNXシステムの動作保証OSは「Windows10」です。
またグラフィック要件として「DX12世代GPU」が必要です。
下記の記事はあえてこれらのルールに反して書かれた、失敗見本となっています。
そのことを前提として読んでください。



さて、本日よりVRMNXのβテストが公開されました。
早速Windows8.1にインストールして遊んでみようと思います。

Google ChromeでダウンロードするとCaldiaの環境では警告が表示されました。
ここで「破棄」を押してしまうとダウンロードファイルが削除されてしまうため「▽」から「継続」を選んでファイルを保存します。



zipファイルを展開して「setup.exe」を実行するとインストールが始まります。インストールはすんなり成功してデスクトップにもショートカットが表示されました。
それではレッツプレイ!




(´・ω・`)


という事で当然ながら起動しません。

---------------------------
VRMNXVO.exe - システム エラー
---------------------------
コンピューターに XAudio2_9.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。 
---------------------------

OK、起動しないのは分かった。
けどファイルが足りないんだよな?
もうちょっと足掻いてみよう。(※良い子は真似しないでください)

Windows10で「XAudio2_9.dll」を検索するといくつか出てくる。
「.msi」はインストーラで、「Wow64」と表示されているファイルは32bit用なので、「C:\Windows\system32\XAudio2_9.dll」をWindows8.1の同フォルダへコピーする。
これでファイルは増えた。どうなる?


(´・ω・`)


という事でやはり起動しません。
ちなみにWindows10(1803)には「api-ms-win-core-synch-l1-2-1.dll」ファイルが見当たらない。
「api-ms-win-core-synch-l1-2-0.dll」は見つかったがWindows8.1にも同名ファイルが既存であり、上書きするのは流石に躊躇った。
そもそもシステム権限で上書きが禁止されているので置き換えも面倒そう。


という事で、Windows8.1ではVRMNXが動かないことが分かりました。わーい。



ちなみに「何故Windows10じゃないといけないのか?」ですが、答えは「VRMNXで使われているDirectXのバージョン12が、Windows10でしか動かない」からです。
コマンドプロンプトから「dxdiag」を入力してDirectX診断ツールを実行するとWindows8.1環境ではDirectXのバージョンが11と表示されてしまいます。
残念。

参考:最新ゲームが高速動作、DirectX 12はWindows 10でしか享受できない! - 本当にWindows 10って使えるの? - 窓の杜



じゃあ仮想環境ならどうだ!?
(`・ω・´)

ということで今度は「VMWare Workstation Player 15」で動作するWindows10を使って実行できるかを試してみます。
ちなみに結論から言うと駄目でした。(理由は後述)



Windows10(1803)を準備します。
「dxdiag」コマンドを実行してDirectX要件を確認。
CPUは4コア、メモリは4GB(要件に足りてないけど気にしない)、DirectXも12であることを確認しました。これで勝つる!


(๑•̀ㅂ•́)و✧

おお、これがNX・・・。

しかし・・・なんか黒いぞ?



とりあえずレールを置いて・・・

あれ、フリーズ?

・・・

落ちました。orz

エラーが出ることなくサクッと強制終了してしまいました。


イベントビューアを確認すると一応エラー情報は表示されています。
プログラムの問題と言うよりはDLL参照エラーとかそのレベルの致命的なエラーっぽい。

という事で、「VMWare Workstation Player 15 の Windows10」ではVRMNXが動かないことが分かりました。ぅわぁーい!!


ちなみに「何故Windows10なのに動かないのか?」ですが、答えは「VMWare Workstation Player 15で動作するDirectXのバージョンが10.1」だからです。多分。

参考:VMware Workstation 15 Player リリース ノート
---------------------------
新機能
Workstation 15 Player は、新たに以下のサポートを提供します。
DirectX 10.1
DirectX 10.1 は DirectX 10.0 の増分アップデートです。マルチサンプリング アンチエイリアシング (MSAA) のサポートにより高品質の視覚効果を提供します。DirectX 10.1 は Shader Model 4.1 および Cubemap Array もサポートします。
---------------------------
DirectX診断ツールではOS上には利用可能なDirectX12が認識されるのですが、ハードウェア(ここではVMWareを指します)が対応していないので実際は使うことが出来ない、その認識の不一致がVRMNXにも及んでおり「DLLファイル(API)はあるんだけど使えない」ってことでAPIをコールした瞬間に例外吐いて落ちてると推測できます。
その証拠にビュワーやレイアウター(DirectXのAPIをコールしない系の処理)以外のメニューやレイアウトファイルの保存など、いくつかの機能は操作できました。



という訳で色々試してみましたが、どうあがいてもゲームマシンのOSをWindows10に入れ替えないとVRMNXが遊べない事が確認できました。分かっていましたが。
クリーンインストールするには色々準備とか必要なので、どうにもすぐにはNXを遊ぶことは叶わなそうです…。

残念。(´・ω・`)。

とりあえず一括アンロックだけしとこうかな・・・。




関連記事
ウワサっつーかネタバレと言うか。
I/Oに岩渕さんのインタビューが載ってました。
個人的に気になったところは以下の2箇所。
・DirectX12対応
・スクリプト言語はPython採用

DirectX12対応は昨今のPC環境に追従して素直に歓迎ですね。
ただしDirectX12はWindows10以降しか対応していないため、自分のようなWindows8.1やWindows7では遊べないことになります。
これを期にWindows10へ移行するのも検討ですかね~。

Python採用はついに!といった感想です。
アセンブリチックなスクリプト言語はおそらく内部で高速に動作させるには致し方なかったとはいえ、ユーザーからすれば未知の言語であり取っ付きにくく、汎用性も流用性も乏しいものでした。(おまけにVRM以外使えない)
それがRPGツクール等と同様に汎用プログラム言語で実装されるということになります。
NXの対応次第ですが、オブジェクト指向でコードが書けたりファイルIO、ネットワークIOも実装できれば他のアプリケーションなんかと連携できて楽しみが増えそうです。
外部エディタも使えると尚良し。

インタビューで強調していたところと言えば、既存のVRMは古いコードを「CPUパワーでゴリ押し」しているのに対して、NXはコードを刷新して処理をDirectDrawに置き換えているので今まで以上に高効率な動作になることが期待されます。(GPUを効率良く使うってことですね)
作り込めば作り込むほど重くなっていたレイアウトも改善されることに期待します。

 

おまけ。
鉄道模型チックにレールをブワーッと敷いて列車を並べてニヤニヤするレイアウト。
よく見たら地形の縁が消えてますが、NXは俯瞰でも耐えられる描画方法になれば嬉しいですね。

色々な新機能も実装されそうですが、ダウンロード前提になるなら基本設計が出来た段階でソフトを公開してちょっとずつ機能を追加していくようなプロダクトスケジュールがいいなぁ。

他にもインタビューではWebで公開されていない情報が載っていたので気になる方は要チェックです。(・ω・)



2018-12-11-0002
MX→NX
タイトルを盛大に誤爆したのを修正。スパロボじゃねーんだぞ…。
※記事URL直したので一部リンク壊れてるかも
仕事が燃えてたのもあってチェックしてなかったのですがアイマジックからVRMNXが発表されていました。
64bit化対応やDirectDraw描画等ベースが一新される一方でCADライクな2Dレイアウターは機能据え置き。
今どき3Dモードで編集できるソフトはいくらでもあるのに…と思う一方で、VRMほど物理法則を無視して(地面やパーツの接触をすり抜けて)小物を高密度に配置するような製作ツールはCADライクな方が操作も都合がいいのでこれはこれで。
色々なゲームで3D配置が便利なのは、パーツの組み合わせ方が決まっていたり、アンカーが厳密だったり、地面にめり込まないなどのルールがあってようやく便利になるものです。
アンカーが効かない状態でパイプ類のXYZ合わせとか正直やりたくないですし。
結局2Dでも3Dでも使いやすいかどうかはツール次第ってところです。
さて、次期VRMに自分が求めたいものは以下のような感じでしょうか。
脳内垂れ流しで好き勝手に言ってみます。



◆グラフィック基盤の刷新◆

・DirectX11以上対応
 ・DirectX9はもはや時代遅れなのでこのタイミングで切り替えて欲しいところ
 ・DirectX12はWindows10のみ対応だし、12固有機能を使う利点はあまり無いかな。
・LOD対応
・テクスチャが暗く見えてしまう対策
 ・テクスチャが暗く見えてしまうのは恐らく環境反射が未実装なのかなと。
 ・リニアライティングとかはどうでしょう?

◆ビュワー強化◆

・描画範囲の超拡大
 ・鉄道模型シミュレータなのに俯瞰できないってどうなん?
 ・最近のVRM画像を見てるとリアル志向の写真はすげーっ!て思う一方で「これって鉄道シミュレーターだよね?」と思わずにはいられないもやっと部分。
 ・A列車9も露骨にジオラマモードを出してきた(勿論購入予定)ので、ここは一つ先駆者としてきっちり対抗して欲しいなと。
 ・最近だとメモリ16GB、グラボVRMは3GB~6GB乗せるのが普通になってきたので今後も見据えて超巨大鉄道模型を画面内にすっぽり収められるようにして欲しい。
・ビュワーの一般的な3D操作対応(WASDキー移動、SimCityやA列車のような俯瞰マウス操作)
・「ポイントの方向外から入ってきた列車を止めない」をデフォルトにして選択可
 ・ポイントを進入方向に強制切り替え(プラレール式)か、ポイント方向を無視して通過させるか、どちらでも。
・描画範囲は多段調節できるように配慮
・テクスチャ変更機能の内蔵
 ・車両・ストラクチャのテクスチャ変更可能。
 ・A列車で行こう7のトレインコンストラクションみたいな感じ。
 ・GUI機能がなくてもテクスチャの色変えだけでもやりたい
 ・カラーバリエーションで売れなくなり、中の人がこだわっている年代や系型ごとの微細な差を気にせず安価なカラーバリエーションが量産されてしまうという諸刃の剣にもなるのですが・・・。
 ・一方でブロックサイズ問題で車両種類を多くできないAndroid版ビュワーで細部のこだわりがどこまでユーザーに嬉しいかというと、そもそも動きながら頑張ってカメラを向けないとほぼ見えないので、スマホ版は安価なカラーバリエーションが多数表示されるように作れるほうが嬉しいと思います。

◆レイアウター強化◆

・レイヤー切り替えの簡素化
・2D/3D切り替え高速化、ローポリゴンモード(トライアンドエラーの時間短縮)
・素材の一括管理(MOD化)
 ・素材をレイアウトごとではなく、アプリ本体で統括管理したい
 ・新規レイアウトに一々素材を登録する作業が面倒
 ・レイアウト内でリソースを使用した時にファイル保存できればいい
 ・素材はバージョン管理してレイアウト内蔵ファイルと異なっても内蔵ファイル優先(更新もできる)
 ・スクリプトもMOD化できると共有や使い回しが容易に。
 ・編成パーツもMOD扱いだと嬉しい。凝った機能とか入れておくと所有してる感があるし、編成説明とかもファイルに同梱したい。
 ・レイアウターで管理するMODが膨大な場合はMODセットという括りで管理できると嬉しい。
 ・焦点はレイアウトファイルとリソースファイルは分離して管理しつつ、リソースは特定のグループで集約管理したいというところでしょうか。
・豆腐モード
 ・無いパーツがあってもスクリプトエラーを発生させずにレイアウト起動して欲しい
 ・車両とかもダミー車両(白四角とかワイヤーフレームでもいいので)で補完
・丸め誤差でイライラしない自動緩和措置
 ・角度が0/90/180/270の直線パーツとかで99.99999があった時、自動的に100.0で置換とか

◆ゲーム外連携機能◆

・今まではリソース取り込みや印刷機能ぐらいしか無かったですが、繋がる時代の昨今ではビュワーも外部とやり取りさせたい
・外部からコマンドを送信して列車を動かしたりポイントを切り替えたり。自作アプリでコントローラを作ったり
 ・通信機能があるとネットワーク越しに制御できたりすると真のVRM-Online!とか思います。
・ビュワーの結果やログを出力
 ・リアルタイム出力できるとダイヤグラム連携させたり電光掲示板作れたりとかできそう。
・動画録画は最近だと外部ソフト使うのが主流なのでVRMに同梱する必要はあんまりないかも。

◆Steamで発売・管理◆

・高解像度なShinkansenやJapaneseTrainsはVRM以上のものは存在しないため、海外需要という点でも注目度抜群でしょう。
・版元としてはパッケージの管理機能やDLC機能をSteamにぶん投げる事ができるのも良いんじゃないかなと。(トレトレの運営が微妙すぎるので…)
・ワークショップでリソースやレイアウトの配布適用が凄い楽になることが予想されます。
・掲示板もあるしストリームも出来るしセーブファイル同期できるし今までホームページや掲示板で公開していたやりとりを公式に集約出来るのでユーザーからすると非常に楽です。
・一方で中の人的に海外サポートの負荷増やしてまで売っていきたいと思っているかは微妙なところですが。
・この辺の気軽な管理・共有ができてようやくクラウドだ!って感じがしますね。
・アカウント管理が楽なのでSteam未対応のゲームってほとんどやらなくなってきました。
・和製ゲームも徐々にSteam登録されてきているのでもはや一大プラットフォーム化してますね。
国内でこういった総合プラットフォームが登場しないのが悲しい。
どうしても利権問題が拗れるし、大手は自前で持っちゃうし、おま国主義だし。



こんな感じかな。
Twitterの方はウォッチしてませんが、今なら実装して欲しい機能とかあれば、他の人と重複してもいいので今のうちにどしどしネットに物申しましょう。
VRMNXのキーワードでウォッチしているであろう公式の目に止まりやすいと思います。(笑)


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[05/10 Caldia]
[05/04 USO800鉄道]
[01/31 Caldia]
[01/31 AKAGI]
[12/17 Caldia]