忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ウワサっつーかネタバレと言うか。
I/Oに岩渕さんのインタビューが載ってました。
個人的に気になったところは以下の2箇所。
・DirectX12対応
・スクリプト言語はPython採用

DirectX12対応は昨今のPC環境に追従して素直に歓迎ですね。
ただしDirectX12はWindows10以降しか対応していないため、自分のようなWindows8.1やWindows7では遊べないことになります。
これを期にWindows10へ移行するのも検討ですかね~。

Python採用はついに!といった感想です。
アセンブリチックなスクリプト言語はおそらく内部で高速に動作させるには致し方なかったとはいえ、ユーザーからすれば未知の言語であり取っ付きにくく、汎用性も流用性も乏しいものでした。(おまけにVRM以外使えない)
それがRPGツクール等と同様に汎用プログラム言語で実装されるということになります。
NXの対応次第ですが、オブジェクト指向でコードが書けたりファイルIO、ネットワークIOも実装できれば他のアプリケーションなんかと連携できて楽しみが増えそうです。
外部エディタも使えると尚良し。

インタビューで強調していたところと言えば、既存のVRMは古いコードを「CPUパワーでゴリ押し」しているのに対して、NXはコードを刷新して処理をDirectDrawに置き換えているので今まで以上に高効率な動作になることが期待されます。(GPUを効率良く使うってことですね)
作り込めば作り込むほど重くなっていたレイアウトも改善されることに期待します。

 

おまけ。
鉄道模型チックにレールをブワーッと敷いて列車を並べてニヤニヤするレイアウト。
よく見たら地形の縁が消えてますが、NXは俯瞰でも耐えられる描画方法になれば嬉しいですね。

色々な新機能も実装されそうですが、ダウンロード前提になるなら基本設計が出来た段階でソフトを公開してちょっとずつ機能を追加していくようなプロダクトスケジュールがいいなぁ。

他にもインタビューではWebで公開されていない情報が載っていたので気になる方は要チェックです。(・ω・)



2018-12-11-0002
MX→NX
タイトルを盛大に誤爆したのを修正。スパロボじゃねーんだぞ…。
※記事URL直したので一部リンク壊れてるかも
PR
仕事が燃えてたのもあってチェックしてなかったのですがアイマジックからVRMNXが発表されていました。
64bit化対応やDirectDraw描画等ベースが一新される一方でCADライクな2Dレイアウターは機能据え置き。
今どき3Dモードで編集できるソフトはいくらでもあるのに…と思う一方で、VRMほど物理法則を無視して(地面やパーツの接触をすり抜けて)小物を高密度に配置するような製作ツールはCADライクな方が操作も都合がいいのでこれはこれで。
色々なゲームで3D配置が便利なのは、パーツの組み合わせ方が決まっていたり、アンカーが厳密だったり、地面にめり込まないなどのルールがあってようやく便利になるものです。
アンカーが効かない状態でパイプ類のXYZ合わせとか正直やりたくないですし。
結局2Dでも3Dでも使いやすいかどうかはツール次第ってところです。
さて、次期VRMに自分が求めたいものは以下のような感じでしょうか。
脳内垂れ流しで好き勝手に言ってみます。




◆グラフィック基盤の刷新◆

・DirectX11以上対応
 ・DirectX9はもはや時代遅れなのでこのタイミングで切り替えて欲しいところ
 ・DirectX12はWindows10のみ対応だし、12固有機能を使う利点はあまり無いかな。
・LOD対応
・テクスチャが暗く見えてしまう対策
 ・テクスチャが暗く見えてしまうのは恐らく環境反射が未実装なのかなと。
 ・リニアライティングとかはどうでしょう?

◆ビュワー強化◆

・描画範囲の超拡大
 ・鉄道模型シミュレータなのに俯瞰できないってどうなん?
 ・最近のVRM画像を見てるとリアル志向の写真はすげーっ!て思う一方で「これって鉄道シミュレーターだよね?」と思わずにはいられないもやっと部分。
 ・A列車9も露骨にジオラマモードを出してきた(勿論購入予定)ので、ここは一つ先駆者としてきっちり対抗して欲しいなと。
 ・最近だとメモリ16GB、グラボVRMは3GB~6GB乗せるのが普通になってきたので今後も見据えて超巨大鉄道模型を画面内にすっぽり収められるようにして欲しい。
・ビュワーの一般的な3D操作対応(WASDキー移動、SimCityやA列車のような俯瞰マウス操作)
・「ポイントの方向外から入ってきた列車を止めない」をデフォルトにして選択可
 ・ポイントを進入方向に強制切り替え(プラレール式)か、ポイント方向を無視して通過させるか、どちらでも。
・描画範囲は多段調節できるように配慮
・テクスチャ変更機能の内蔵
 ・車両・ストラクチャのテクスチャ変更可能。
 ・A列車で行こう7のトレインコンストラクションみたいな感じ。
 ・GUI機能がなくてもテクスチャの色変えだけでもやりたい
 ・カラーバリエーションで売れなくなり、中の人がこだわっている年代や系型ごとの微細な差を気にせず安価なカラーバリエーションが量産されてしまうという諸刃の剣にもなるのですが・・・。
 ・一方でブロックサイズ問題で車両種類を多くできないAndroid版ビュワーで細部のこだわりがどこまでユーザーに嬉しいかというと、そもそも動きながら頑張ってカメラを向けないとほぼ見えないので、スマホ版は安価なカラーバリエーションが多数表示されるように作れるほうが嬉しいと思います。

◆レイアウター強化◆

・レイヤー切り替えの簡素化
・2D/3D切り替え高速化、ローポリゴンモード(トライアンドエラーの時間短縮)
・素材の一括管理(MOD化)
 ・素材をレイアウトごとではなく、アプリ本体で統括管理したい
 ・新規レイアウトに一々素材を登録する作業が面倒
 ・レイアウト内でリソースを使用した時にファイル保存できればいい
 ・素材はバージョン管理してレイアウト内蔵ファイルと異なっても内蔵ファイル優先(更新もできる)
 ・スクリプトもMOD化できると共有や使い回しが容易に。
 ・編成パーツもMOD扱いだと嬉しい。凝った機能とか入れておくと所有してる感があるし、編成説明とかもファイルに同梱したい。
 ・レイアウターで管理するMODが膨大な場合はMODセットという括りで管理できると嬉しい。
 ・焦点はレイアウトファイルとリソースファイルは分離して管理しつつ、リソースは特定のグループで集約管理したいというところでしょうか。
・豆腐モード
 ・無いパーツがあってもスクリプトエラーを発生させずにレイアウト起動して欲しい
 ・車両とかもダミー車両(白四角とかワイヤーフレームでもいいので)で補完
・丸め誤差でイライラしない自動緩和措置
 ・角度が0/90/180/270の直線パーツとかで99.99999があった時、自動的に100.0で置換とか

◆ゲーム外連携機能◆

・今まではリソース取り込みや印刷機能ぐらいしか無かったですが、繋がる時代の昨今ではビュワーも外部とやり取りさせたい
・外部からコマンドを送信して列車を動かしたりポイントを切り替えたり。自作アプリでコントローラを作ったり
 ・通信機能があるとネットワーク越しに制御できたりすると真のVRM-Online!とか思います。
・ビュワーの結果やログを出力
 ・リアルタイム出力できるとダイヤグラム連携させたり電光掲示板作れたりとかできそう。
・動画録画は最近だと外部ソフト使うのが主流なのでVRMに同梱する必要はあんまりないかも。

◆Steamで発売・管理◆

・高解像度なShinkansenやJapaneseTrainsはVRM以上のものは存在しないため、海外需要という点でも注目度抜群でしょう。
・版元としてはパッケージの管理機能やDLC機能をSteamにぶん投げる事ができるのも良いんじゃないかなと。(トレトレの運営が微妙すぎるので…)
・ワークショップでリソースやレイアウトの配布適用が凄い楽になることが予想されます。
・掲示板もあるしストリームも出来るしセーブファイル同期できるし今までホームページや掲示板で公開していたやりとりを公式に集約出来るのでユーザーからすると非常に楽です。
・一方で中の人的に海外サポートの負荷増やしてまで売っていきたいと思っているかは微妙なところですが。
・この辺の気軽な管理・共有ができてようやくクラウドだ!って感じがしますね。
・アカウント管理が楽なのでSteam未対応のゲームってほとんどやらなくなってきました。
・和製ゲームも徐々にSteam登録されてきているのでもはや一大プラットフォーム化してますね。

国内でこういった総合プラットフォームが登場しないのが悲しい。
どうしても利権問題が拗れるし、大手は自前で持っちゃうし、おま国主義だし。




こんな感じかな。
Twitterの方はウォッチしてませんが、今なら実装して欲しい機能とかあれば、他の人と重複してもいいので今のうちにどしどしネットに物申しましょう。
VRMNXのキーワードでウォッチしているであろう公式の目に止まりやすいと思います。(笑)



半月ほど経過してしまっているが、ふらり訪れた掲示板でVRM界の最古参かつ重鎮のまゆきち氏が誰にも真似出来ないであろう偉業を達成されたのでここに記念スクショを保存しておくと共に成果を讃えたいと思った次第。

氏の作成しているレイアウトはお世辞にもレイアウトコンテストに出品されるような細部までとことんこだわった完成度を誇る作品ではない。
ただ実在する鉄道風景の特徴をピンポイントに凝縮して区間ごとに作成していくスタイルと言える。
そしてその一つ一つをファイルへ丁寧に保存して淡々と公開することは文字通り一朝一夕で出来るようなことではない。
まさにVRMの歴史と共に歩んできたまゆきち氏だけが出来た正真正銘の偉業だと思う。

という訳でたまには氏のホームページから自分の住んでる沿線のレイアウトも探してみては如何だろうか。
なお、氏の記念コメントも掲示板に書かれているので、いっそ褒め殺しにしてあげるのも一興かと。
 

久しぶりに夏休み年休を取得したので丸一日没頭してレールを敷き詰めてみた。
地面をレールで埋めると楽しい。
量が酷いので架線柱を植えるかどうかは最後まで考え中。
とりあえず車両基地はもうひとつぐらい埋めてみる。
その次はストラクチャー配置。
鉄道博物館的なものも作ってみたいなぁ。


明日からは来期のスケジュール組んで人月費用考えて…あー面倒くさい。
社会人9年目になるといつまでもプログラム組んでるばかりじゃなくてぼちぼち人管理もしていくことに。
少し前までは人と予算の管理とか死ぬほど嫌で一生現場プログラマーとして生きたかったけど、色んな要因があってそうも言ってられなくなった。
安定した給料もらってる社畜である以上、好きな仕事ばっかりやることも出来ない。
仕方ないね。



クラウドにアップするレイアウトを作るとどうしても同時展開できる車種が少なくなってしまって味気ないのでたまにはいろんな車両をパーッと並べたいよねー
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
ってことで列車を集めて並べて走らせることを楽しむレイアウトを構築中。

リアル志向に走っているVRMレイアウターが多い中で、鉄道模型を走らせるためだけの質素なレイアウトもいいじゃない?

作ってて気づいたんですが、アドバンスレールのポイントジョイント位置が左右でずれてるっぽいので、左右対称の待避線を作ってもレールがズレまくり。(汗)
レール敷いて調節して程々に建物置いた後は列車をまったり走らせて鑑賞する予定。

VRMオフ会が無事に終了しました。
実はいつ参加表明したかもわからんぐらい当たり前のように参加していて、この日の半日のためだけに3万円以上払って大阪と東京を日帰りで往復したんだから、冷静になると何でこんなことしたんだろう・・・と思うわけですが、実際のオフ会はそんなことが些細に思えるぐらい楽しくて充実した日となりました。

あんまり熱心にプロジェクターを見ていたせいで、3D酔いしてしまい、後半は完全にグロッキーになってしまい大変申し訳なかったのですが、2次会ではヤングメンバーに紛れて社会人のあれこれとか一人暮らしがど~のこーのとか、モデリングの話とか、席替えしたらあと24時間ぐらい喋れるんじゃないのこれ、と思うぐらい話したり聞いたりホントみんな楽しそうに話してました。

VRMオフは何回か出席させてもらっていますが、楽しい理由の一つがユーザー年齢層の広さ。
下は10代、上は50代まで幅広く万遍なく年齢層が開けているにもかかわらず、同じ話題で盛り上がれるというのは普通のゲームでは考えられないことです。(ただし男性比率100%ではあるけれど:笑)

あとは同じ話題を共有していながらちょっと違う趣味を紹介できる楽しさがあるんじゃないかと。
確かにVRMオフなのでVRMの話題がメインなわけですけど、殆どの人がVRMは副職みたいなもんで、列車が好きだったり乗るのが好きだったり時刻表が得意だったり情景が好きだったり鉄道模型の方が好きだったりと、巷では「鉄ちゃん」で一括りされる僕らだけど自分の専門分野から少し外れると全くわかんない世界だったりします。
それをお互い情報交換というか、同じ話題で少しだけ違う世界のことを語り合えるというのがなかなか面白いんですよね。

今度はいつあるか分からないですが、どこでやるにしても当然のように参加させていただきますので、またよろしくお願いします。

 

ちなみにサンライズ瀬戸ですが、かなり快適でした。
ちらほら「結構揺れる」と言われてる方も居るようですが、昔の寝台客車のようにベッドから落とされそうな衝撃が来るわけではないので慣れてしまうといい感じの揺り籠です。
深夜4時頃に静岡あたりで目が覚めたのですが、窓のカーテンを開けると空いっぱいに星空が見えて感動しました。
割と乗車率も高くて好評のようですし、ブルートレインが無くなりつつある昨今でも、残るどころか後継車両が登場してもおかしくないですね。
また何回か乗ってみたいです。

 

未だにPCの中にVRMが入っていないんですが、週末のVRMオフには参加させていただく予定です。
過去の経験からして喋りたい人が喋るとあっという間に時間が過ぎていくので今回は手ぶらで聞き手専門です。(笑)

夏は東京出張ラッシュだったので新幹線は乗り飽きた。
なのでこれ幸いにと、会社では許可が降りない念願のサンライズ使って向かいます。
(寝台料金は宿泊経費に含まれるのか謎)
私用で東京行くことが滅多に無いため、乗るのは初めて。
のびのびシートかソロを狙っていましたが大好評らしく、相当前から予約しないとダメみたいです。
写真もバッチリ取ってくる予定なので、興味ある方はオフ会の時に聞いてくださいな。

2次会参加希望ですが、当日宿泊の当てにしていた練馬区在住の弟宅が翌日テストだとかで宿泊拒否られたので残念ながら終電の新幹線(品川21時半ぐらい)で帰る予定です。
(自分も受けろと会社に言われてるけど業務多忙を理由にバックれてます(ぉぃ))

当日はよろしくお願いします。

適当なタイミングで更新します。

 

更新内容

使用車両を総とっかえ
気に入っている九州系車両が中心になります。
めちゃくちゃ苦労した。

地形テクスチャーの変更
地形テクスチャーの色を少し明るくしました。
全体的に暗めだった見た目が改善されると思います。

地形の変更
全体的に山を削っています。
ベースは変化していないので見た目ではわからないと思います。

タイトル画像の変更
実は一番変えたかった箇所。
でも新規レイアウトの写真は使ってない。(笑)


車両の入れ替えは本当に苦労しました。
レイアウトファイルを見てもらうとわかりますが、今回は容量ギリギリです。
以下レイアウトファイルの各内容量を表してみました。

種類 容量
車両系 24273
ストラクチャー 5708
レール 1775
ベース情報 935



 
レイアウトに占める容量は圧倒的に車両データが大きいです。
前回のレイアウトデータはパンタグラフの無いディーゼル系を多く利用して1編成2種類とするなど細かく容量を削減しましたが、今回は小細工無しで九州車両を利用しました。
種類を頑張って入れ込みましたが、どうしても1車両分(約2MB)だけ入りきらなかったので、泣く泣く1種類だけ編成内にパンタグラフが無いものがあります…。
容量制限は結構難しいですね~。

次回は「アドバンス・トラック」のレイアウトも改修したいです。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[12/12 AKAGI]
[12/10 Caldia]
[12/10 AKAGI]
[12/02 Caldia]
[12/02 USO800鉄道]