忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先月、久しぶりに大阪日本橋へPCパーツの買い出しに行きました。
お目当ては今年5月に出たばかりのIntel第10世代(Comet Lake)モデル。

現行機のPCは2016年の7月に組み立てた「Corei7-6700K」です。
性能的には全く困っていなかったのですが、当初から高グラフィックな3Dゲームを遊ぶと稀にPCフリーズに見舞われるという困った現象に苛まれていました。
3Dゲーム以外のフリーズは全く発生しなかったため、電源周りかグラフィックボードが原因と考え、電源ユニットを1回、グラフィックボードも2回交換するなどの対策をしたものの、現象が改善しませんでした。

幸いというか、3Dゲームをがっつり遊ぶことはあまりなく、3Dゲームでも負荷が低い場合は発生も極めて稀だったのであまり気にしていませんでしたが、心なし最近はフリーズの発生頻度が上がっているような感じがしたため、予防交換も兼ねて長らく使い続けていたCPUとマザーボードを買い換えることにしました。


CPUは現行機と同性能かちょっと上程度ということで「Corei5-10400」にしました。
第10世代のCorei5はハイパースレッディング(HT)を搭載した6コア/12スレッドで、TDPも65Wに抑えられているため、複数のゲームやチャットでも楽に動かすことができます。


第10世代のCorei3でも4コア/8スレッドと、一昔前のCorei7に匹敵するのですから、エンコードやデコードをマルチラインで動かすような重い仕事をさせない限りゲーム用途ですらCorei3やi5でも十分です。第10世代のCorei7やi9はゲーム配信やモデリング、仮想環境をガッツリ動かすようなハイエンドクリエイター向けです。

マザーボードは拡張スロットも必要なく、かといってITXサイズまで切り詰めないMicroATXのASUS「PRIME H470M-PLUS」を選びしました。
「H470」と「H410」で迷いましたが「H410」のM.2.スロットの速度が「PCI-Ex3.0x4」ではなく「PCI-Ex3.0x2」であることが詳細スペックで判明したため「H470」に決めました。
ここまで詳細なスペックは公式サイトのスペックシートしか書かれていないため、超高速M.2-SSDを利用する場合は注意が必要です。
あとはマザーボードの電源周りに悩まされていた可能性が高かったため、(コンデンサの方の)VRM数が多いこともポイントです。

グラフィックボードは2017年の8月から「GeForce GTX 1060(VRAM3GB版)」を使っていましたが、今年3月に「GeForceGTX 1650 Super」へ換装しました。
「GeForceGTX 1650 Super」は一見すると1650系列に見えますが、GPUには1660と同じ「TU116」を使い、VRAMにGDDR6を載せることで性能的には1060に迫る物となっており、消費電力(ワットパフォーマンス)は大変良好です。
但し、もう4,5千円追加すると1660Sが買えてしまうため、エコを重視するか性能を追求するかは悩みどころです。
元々の1060(3GB版)は1060(6GB)と比べてVRAM容量だけでなく、バス帯域減少による基本性能も多少低かったため、グラフィック性能も1割程度向上しました。

SSDも現行機の「SSDPEKKW512G7X1」(Intel 600p 512GB)です。
OSも入れ替えないままで、問題が発生したらクリーンインストールしよう、ぐらいの気持ち。
実際には、スリープ状態にして復帰させようとすると電源はつくけどOSが再立ち上がりしなかったり不明ドライバがいくつか表示されたりしていますが、致命的な問題までは発生していないのでとりあえずこのままです。
(ちなみにOSは8.1からのアップグレードから使い続けてます)
ユーティリティ「Intel SSD ToolBox」から最新ファームウェアへのアップデートは実施しました。


マザーボードとCPU以外のパーツは全て流用だったため、43000円程度の買い物になりました。
また1060のグラフィックボードは既に下取りに出し、6000円程度で買い取りしてもらえました。
パーツ換装は特に問題なく終わりましたが、ケース内やファン、電源ユニット内に付着したホコリの除去で半日費やしました。







「CrystalMark2004R7」で「Corei7-6700K」と比較測定しました。
上が今回購入した「Corei5-10400」、下が「Corei7-6700K」です。
論理コア数(スレッド数)が8から12に上がっているため「ALU」と「FPU」はそれぞれ1.5倍程度の向上となっています。

世代差による性能向上はほとんど出ていませんが、消費電力は91Wから65Wに減少しているため、消費電力あたりの性能向上は2倍近くになっています。
PC全体の消費電力も低く、高性能エコPCとしては十分です。



まだそれほど使っていませんが、今のところ悩まされていたゲームのフリーズにも遭遇していないため、今後もちょっとずつチューニングしながら使い続けます。
PR


我が家の在宅勤務環境。
ディスプレイ2台にPC3台を使い、会社メールとシステム開発環境を行ったり来たりしています。
会議は社用携帯でSkypeとTeamsを使い、VPN接続の開発環境ではRedmineとMattermostでやり取りします。
そこそこ恵まれた環境で作業していますが、ついついゲームしたくなるのはデメリットですね。
会社でもネットサーフィンやりたくなることも多いですけど。
セカンドキーボードが本格的に活躍していますが、元々OSセットアップ用の省スペース性重視で打ちにくいため、もう少しタイピングしやすいフルテンキーキーボードが欲しいですが、その前にPCショップが軒並み時短や休業に入ってしまい、当面は今の環境で凌ぐしかない状態になってしまいました。

2月下旬頃からどうにも在宅勤務必須の状況になりそうだったため、部課長に必要機器を申請しつつ東京事務所のVPNルータ増強出張や在宅用PCの発送をしたりして何とか緊急事態宣言以降のプロジェクトメンバー在宅環境を整えることが出来ました。
現時点で5月末目処に緊急事態宣言は解除されるような雰囲気ですが、全業種一斉解除するとあっという間に元の木阿弥になることは目に見えているため、我々IT業界は引き続き自主自粛にならざるを得ないだろうと思っています。

仕事するにあたって社内サービスが縮小して申請が届きにくかったり色々不都合がありますが、
経済活動が維持できている自分の状況はまだ幸せな方なんだろうなぁとも思います。


どうせ引きこもるんだからいつもよりたくさんゲームできるぜ!と思っていましたが、
意外と気分が晴れず、ゲームが長時間続かないというもやっとした気持ちが続いています。
今後どうなっていくのか不安が続きます。
少なくとももう今までのような衛生面を意識しない生活は戻らないのだろうと思います。
今年も2ヶ月に1回ぐらいの頻度でダラダラ書くかも?
あんまりWeb上で活動することも少なくなってきた上に、ゲームとかもゲーム毎のフォーラムとかで発言するようになり、プライベートよりのことはSNSで閉じてしまうとここに書くことはマニアックな鉄トークかパソコンネタばっかりになりますね。

とりあえず年末年始はバタバタしてたので真の大掃除は年明けの連休です。
んでもって、パソコン周りの配線がカオスになってきたので半日掛けて配線を綺麗にしました。
大体Nintendo Switchが増えたせいです。

Nintendo Switch買いました。
ゼルダとスプラトゥーンやってます。
日本橋行ってSwitch用の64GB-microSDXC買いました。2400円。
数年前にカメラ用に同じやつ買った時は1600円台だったので値段が下がるどころかかなり上がってますね…。
5000円ぐらいで128GBあったら買おうと思いましたが8000円台とかふつーにしてたので諦めました。
64GBぐらいの容量だとデジカメでは普通に持ちますが、ゲームストレージにするとゼルダクラスで4,5本しかソフトが入らないので少々物足りないです。
その辺も含めてゲームソフトはダウンロードではなくパッケージ版を購入しました。
飽きたら売れるというのが良いですね。


 

電源ケーブルは当初足元PC付近に纏めてましたがパソコンからはえている電源以外のケーブルとごっちゃごちゃになってしまったのと、switchを含めた大型ACアダプタが収まらなくなったので、タップをACアダプタの集約地点である頭上に移動しました。
無線LANと電源タップの近くに電話線があるのでノイズとか結構気になりますが大丈夫かな?

あと実家の鯖で運用していたWindowsHomeServer2011のDNSが全然動かなくなったため、WindowsServer2016Essentialsに移行しました。
メモリ4GB割り当てないと全然動いてくれない大食いですがちゃんとドメイン取って動いてくれたので一安心です。
ちなみにWindowsHomeServer2011のドメインは「xxx.homeserver.com」でしたが、WindowsServer2016Essentialsのドメインは「xxx.remotewebaccess.com」になりました。

他には昔のビデオテープをDVD化→mpegにエンコードとかする必要が出てきたのでAviutlとか勉強中です。
それ以外にも技術周りとか勉強しないとなぁ...。

こんな感じでだらだら独り言書いていく予定ですが今年もよろしくです。



7月末に2ヶ月間の東京住み込み生活から帰ってきた後、延長戦として2週間の鶯谷ホテル生活を追加して、ようやく盆休みのタイミングに大阪で一休みできるようになりました。
プロジェクトとしても一区切り付いたので社会人始まって以来の11連休です。
ゲームぐらいしかすることないですが。(笑)

ひとまずしばらく弄ってなかったパソコンを改造したかったのでグラボをメインに色々購入。

メインPCはGeForce960GTXで特に不満がなかったのですが、夏場にゲームをしているとちょくちょく熱暴走で死んでしまう(PC全体がフリーズし、入力が一切効かなくなる)現象が発生したため、マシンスペックを上げてゲームに対する性能条件を下げることに。
ちょうどGeForceGTX1060の3GB版がいい感じの値段で売っていたのでそれを購入。
1060の3GB版は6GB版に比べるとチップも含めた全体性能が明らかに下がってしまいますが、元々の960はVRAM2GB版を使っていたため性能純増で問題なし。
冷却性能が若干心細かったですが、一番ファンがマシそうな玄人志向をチョイスしました。
発売開始されてから1年経ってますが値段も4000円ほど下がってるので時期的にも問題ないです。

更にサーバー機も今までGeForce730を搭載していましたが、性能2.5倍で消費電力若干下がるというGeForce1030をまっしぐらに購入。
もちろんASUSのファンレスタイプ。
こちらは1万円を切ってました。
その体感性能は一目瞭然。
Windows7時代の3Dゲームなら余裕で動作するほどで、今メインで楽しんでいるFactorioやAlien Swarm: Reactive Drop on Steam程度ならサクッと動きます。
World of Warshipsは流石に画質を下げますが、ゲームプレイに支障が出るほどではありません。
ただファンレスの宿命で夏場だとグラボ温度が70℃を超えそうになるため、クーラーは必須になります。(笑)

そして今まで使っていた960と730はそれぞれ5000円と1000円で下取りに。
ついでにサーバー用として8TB-HDDも購入。
これは以前4TBのHDDが故障した時に予備HDDが無くなったのでその補充です。

大阪に帰ってきても満足にゲームする時間は取れていませんが、まあ息抜き程度には楽しみます。
とりあえず連休はゲームの世界に引きこもりたい。(笑)

VMWare Workstation12 Player(12.5.7)でAndroid-OSを動かそうとして嵌ったのでメモ。
OSは「android-x86_64-7.1-rc1.iso」をダウンロード。
色々試行錯誤中に「android-x86-7.1-rc1.iso」や「android-x86-6.0-r3.iso」でも動かしてみたところどれでも動いた。



はまったのはインストールに関係なくOS起動時。
ISO読込み時のメニュー画面は上手く表示されたのだが、CDブートでもインストール直後でもその後の画面が乱れて表示された。
「ANDOROIDx86_x64:/#」から進まない。


VMWare側の設定を弄ってみたりしたところ、最終的にグラフィックアクセラレータを有効にする必要があると分かった。
これを有効にしたところ、CDブートもインストール後もあっさり画面が表示された。
画面がバグってるわけだ。



VMWareがandroid-x86を「Free-BSD」として認識するのでグラフィックアクセラレータを有効にすると警告が出るのだが、android-x86は(あるいはVMWareは)きちんとGPUを使ってくれるらしい。




動作速度はかなりサクサク動くイメージ。
ただしキーボードが英語配列しか無かったり、色々改善する必要がある。

 
  

ゲームだが、「ねこあつめ」は縦画面のゲームをすると画面表示が90度回転してしまうため楽しむのはちょっと厳しい。
(しかも操作によっては90度回転状態から元に戻らない)

 

「Deemo」は悲しいことにゲーム画面でタッチ(マウス操作)が一切認識されず、タイトル画面から進めなかった。



タッチを認識するかどうかはゲームによって異なるようだが、何となくWebアプリ系かネイティブアプリかで分かれるんじゃないだろうか。
とりあえずVMWareでのテストはここまで。
本格的に遊ぶならフルHDのタッチディスプレイを買って、USBブートさせて遊ぶのが良いかなぁと考え中。
 

そろそろデスクトップPCにM.2.取り付けようと思ったところ、破格の安さでNVMe対応のM.2.規格SSDを発見。
当初はPLEXTORのM8Peあたりを考えていたのですが、それのお値段半分程度でシーケンシャルリードが1700MB/s超えてるということで、見つけて即飛び付きました。
ベンチマーク結果は以下の通り。



-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.2 x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) :  1845.610 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   577.711 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   464.638 MB/s [113437.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   326.142 MB/s [ 79624.5 IOPS]
Sequential Read (T= 1) :  1091.798 MB/s
Sequential Write (T= 1) :   585.523 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :    31.134 MB/s [  7601.1 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :   172.088 MB/s [ 42013.7 IOPS]

Test : 1024 MiB [D: 0.1% (0.1/220.4 GiB)] (x2)  [Interval=5 sec]
Date : 2016/10/04 1:54:25
OS : Windows 8.1 Pro [6.3 Build 9600] (x64)
-----------------------------------------------------------------------

普通のNVMeと比べると最低速度ですが、SATA接続のSSDと比べると歴然とした差があるため、OS起動時もはっきりと高速化が体感できます。
但し「5秒が4秒になって20%高速化しました」レベルの話なので、普通の人はそこまで必要ない世界だとも思います。(笑)

一番助かることは仮想環境が非常に使いやすくなったことです。
仮想環境は実験に応じて20~40GBぐらいのイメージファイルを度々セーブ&コピーしたりするので普通のSSDでも数分レベルのコピー待ちが発生しますが、NVMeの速度だと半分ぐらいの速度でそれらが終わってくれるため、トライアンドエラーがより一層やりやすくなりました。

今後はM.2.もNVMe規格が普及し、帯域もPCL-Ex8やx16クラスで繋がってくると転送速度も昔のメインメモリ並の速度まで上がってきそうです。(ただしレイテンシや実効率はメインメモリには勝てませんが)
容量も積層が進むとHDDを簡単に超えてきそうです。
10TB-HDDと比べても体積比率では既に上回っているようですし。

今後の性能向上が楽しみです。



久しぶりにPCを新調しました。
Core-i7-6700K
GA-Z170M-D3H
CMK16GX4M2A2666C16(DDR4 PC4-21300)
Crucial-480GB-SSD
残りのパーツは既存の据置きです。

とりあえずWindows10を入れてみましたが、勝手にHDD全スキャンが走ったり色んなサービスが動いててちょっとやそっとじゃ止められなかったり、自分で全部管理したい身としてはかなりイライラさせられるOSです…。
各種アプリとOneDriveとコルタナ止めて、ありとあらゆる共有と情報提供とアプリの許可を全部無効化してどうにか使えそうなレベルまで設定しました。

RAM-DISKは「SoftPerfect RAM Disk」を利用してセットアップしました。
設定も簡単でいいのですが、OS起動後にマウントされるため、ゴミ箱とかの設定が毎回初期化されるのがちょっと面倒です。

そして以下がSSDとRAM-DISKのベンチマークです。
過去のベンチマーク記事はこちら



前に利用していたmSATAはSATA2の128GB容量だったので、それに比べるとリード・ライト共に2倍程度の速度が出ています。
また128GBx2のRAID-0構成と比べても、リードの900MB/sには流石に敵いませんが、ライトは1.4倍程度上回っていました。
体感的にも待ち時間がほぼ無い、というか昨今のオンライン寄りの環境だとインターネット速度の方が重要になりつつあるので、PC側のボトルネックは殆ど無いですね。

そして恐ろしいのがRAM-DISKの速度。
5桁の数字とか始めて見ました。(笑)
DDR3のRAM-DISKでも4GB/sだったのが、一気に跳ね上がって13GB/sになっています。
この辺りはDDR3がPC3-12800だったのに対し、DDR4がPC4-21300と速度が約2倍になっていることから、バグってるわけじゃないんだなぁと認識しました。
この速度はRAM-DISKとして体感する機会はあまり無いと思いますが、メモリのIO速度が上がったことで、大容量メモリーにアクセスする処理CPU処理、例えばExcelの超広大な表計算処理やインメモリーDB等のボトルネックが解消されることに期待できそうです。

今回はコストパフォーマンスの都合上M.2.規格のSSDは搭載しませんでしたが、NVMe対応のSSDが安くなってきたら購入して入れ替える予定です。
CrystalDiskMarkのバージョンが上がったので、手持ちのSSD他の速度を再集計してみる。
パソコンスペックはこちら
Z77マザーで、かれこれ3年ぐらい更新してないなぁ。

M4-CT128M4SSD2(RAID-0)

SATA3のRAID-0構成。
もう5年以上昔のSSDになるが、ファームウェア更新で単体Readが415MB/s出るなど現役にも負けないスペックを誇る。
反面128GB容量ということもあり、Writeは弱い。

CT250MX200SSD3

mSATAのSSD。SATA2速度なので、Readは280GB/sで打ち止め。
Writeも128GB容量なのでやや弱い。
mSATA規格はPC内部にケーブルが這わないため、かなり好み。
後継のM.2.もどんどん普及して欲しい。

M4-CT128M4SSD3

同じくmSATAの256GB版。
CT250MX200SSD3と比べて全体的に性能が大幅に向上しているが、ランダムIO含めて完全にSATA2の転送速度限界に達している。

WD20EARS

おまけのHDDそのいち。

WD40EZRX

おまけのHDDそのに。2TBと比べると密度分高速化したかなーという程度。
WDのGreen版なので速度は気にしない。

BUFFALO RAMDISK (DDR3-1600 8GBx2 Dual-Channel)

おまけそのさん。RAMディスク。

SATAのSSDと比べると規格外の速度が出ているが、近年のNVMe対応SSDではシーケンシャルReadが2.7GB/sを超えてきたり、その後に控えているPCI-ExpressX16接続のSSDは10GB/sを実現するなど、数年前までは想像もできなかったような高速SSDが登場しつつある。

今後のメモリ界隈、SSD界隈がどう進化していくのか楽しみです。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[05/10 Caldia]
[05/04 USO800鉄道]
[01/31 Caldia]
[01/31 AKAGI]
[12/17 Caldia]