忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

VMWare Workstation12 Player(12.5.7)でAndroid-OSを動かそうとして嵌ったのでメモ。
OSは「android-x86_64-7.1-rc1.iso」をダウンロード。
色々試行錯誤中に「android-x86-7.1-rc1.iso」や「android-x86-6.0-r3.iso」でも動かしてみたところどれでも動いた。



はまったのはインストールに関係なくOS起動時。
ISO読込み時のメニュー画面は上手く表示されたのだが、CDブートでもインストール直後でもその後の画面が乱れて表示された。
「ANDOROIDx86_x64:/#」から進まない。


VMWare側の設定を弄ってみたりしたところ、最終的にグラフィックアクセラレータを有効にする必要があると分かった。
これを有効にしたところ、CDブートもインストール後もあっさり画面が表示された。
画面がバグってるわけだ。



VMWareがandroid-x86を「Free-BSD」として認識するのでグラフィックアクセラレータを有効にすると警告が出るのだが、android-x86は(あるいはVMWareは)きちんとGPUを使ってくれるらしい。




動作速度はかなりサクサク動くイメージ。
ただしキーボードが英語配列しか無かったり、色々改善する必要がある。

 
  

ゲームだが、「ねこあつめ」は縦画面のゲームをすると画面表示が90度回転してしまうため楽しむのはちょっと厳しい。
(しかも操作によっては90度回転状態から元に戻らない)

 

「Deemo」は悲しいことにゲーム画面でタッチ(マウス操作)が一切認識されず、タイトル画面から進めなかった。



タッチを認識するかどうかはゲームによって異なるようだが、何となくWebアプリ系かネイティブアプリかで分かれるんじゃないだろうか。
とりあえずVMWareでのテストはここまで。
本格的に遊ぶならフルHDのタッチディスプレイを買って、USBブートさせて遊ぶのが良いかなぁと考え中。
 

PR

そろそろデスクトップPCにM.2.取り付けようと思ったところ、破格の安さでNVMe対応のM.2.規格SSDを発見。
当初はPLEXTORのM8Peあたりを考えていたのですが、それのお値段半分程度でシーケンシャルリードが1700MB/s超えてるということで、見つけて即飛び付きました。
ベンチマーク結果は以下の通り。



-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.2 x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) :  1845.610 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   577.711 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   464.638 MB/s [113437.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   326.142 MB/s [ 79624.5 IOPS]
Sequential Read (T= 1) :  1091.798 MB/s
Sequential Write (T= 1) :   585.523 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :    31.134 MB/s [  7601.1 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :   172.088 MB/s [ 42013.7 IOPS]

Test : 1024 MiB [D: 0.1% (0.1/220.4 GiB)] (x2)  [Interval=5 sec]
Date : 2016/10/04 1:54:25
OS : Windows 8.1 Pro [6.3 Build 9600] (x64)
-----------------------------------------------------------------------

普通のNVMeと比べると最低速度ですが、SATA接続のSSDと比べると歴然とした差があるため、OS起動時もはっきりと高速化が体感できます。
但し「5秒が4秒になって20%高速化しました」レベルの話なので、普通の人はそこまで必要ない世界だとも思います。(笑)

一番助かることは仮想環境が非常に使いやすくなったことです。
仮想環境は実験に応じて20~40GBぐらいのイメージファイルを度々セーブ&コピーしたりするので普通のSSDでも数分レベルのコピー待ちが発生しますが、NVMeの速度だと半分ぐらいの速度でそれらが終わってくれるため、トライアンドエラーがより一層やりやすくなりました。

今後はM.2.もNVMe規格が普及し、帯域もPCL-Ex8やx16クラスで繋がってくると転送速度も昔のメインメモリ並の速度まで上がってきそうです。(ただしレイテンシや実効率はメインメモリには勝てませんが)
容量も積層が進むとHDDを簡単に超えてきそうです。
10TB-HDDと比べても体積比率では既に上回っているようですし。

今後の性能向上が楽しみです。



久しぶりにPCを新調しました。
Core-i7-6700K
GA-Z170M-D3H
CMK16GX4M2A2666C16(DDR4 PC4-21300)
Crucial-480GB-SSD
残りのパーツは既存の据置きです。

とりあえずWindows10を入れてみましたが、勝手にHDD全スキャンが走ったり色んなサービスが動いててちょっとやそっとじゃ止められなかったり、自分で全部管理したい身としてはかなりイライラさせられるOSです…。
各種アプリとOneDriveとコルタナ止めて、ありとあらゆる共有と情報提供とアプリの許可を全部無効化してどうにか使えそうなレベルまで設定しました。

RAM-DISKは「SoftPerfect RAM Disk」を利用してセットアップしました。
設定も簡単でいいのですが、OS起動後にマウントされるため、ゴミ箱とかの設定が毎回初期化されるのがちょっと面倒です。

そして以下がSSDとRAM-DISKのベンチマークです。
過去のベンチマーク記事はこちら



前に利用していたmSATAはSATA2の128GB容量だったので、それに比べるとリード・ライト共に2倍程度の速度が出ています。
また128GBx2のRAID-0構成と比べても、リードの900MB/sには流石に敵いませんが、ライトは1.4倍程度上回っていました。
体感的にも待ち時間がほぼ無い、というか昨今のオンライン寄りの環境だとインターネット速度の方が重要になりつつあるので、PC側のボトルネックは殆ど無いですね。

そして恐ろしいのがRAM-DISKの速度。
5桁の数字とか始めて見ました。(笑)
DDR3のRAM-DISKでも4GB/sだったのが、一気に跳ね上がって13GB/sになっています。
この辺りはDDR3がPC3-12800だったのに対し、DDR4がPC4-21300と速度が約2倍になっていることから、バグってるわけじゃないんだなぁと認識しました。
この速度はRAM-DISKとして体感する機会はあまり無いと思いますが、メモリのIO速度が上がったことで、大容量メモリーにアクセスする処理CPU処理、例えばExcelの超広大な表計算処理やインメモリーDB等のボトルネックが解消されることに期待できそうです。

今回はコストパフォーマンスの都合上M.2.規格のSSDは搭載しませんでしたが、NVMe対応のSSDが安くなってきたら購入して入れ替える予定です。
CrystalDiskMarkのバージョンが上がったので、手持ちのSSD他の速度を再集計してみる。
パソコンスペックはこちら
Z77マザーで、かれこれ3年ぐらい更新してないなぁ。

M4-CT128M4SSD2(RAID-0)

SATA3のRAID-0構成。
もう5年以上昔のSSDになるが、ファームウェア更新で単体Readが415MB/s出るなど現役にも負けないスペックを誇る。
反面128GB容量ということもあり、Writeは弱い。

CT250MX200SSD3

mSATAのSSD。SATA2速度なので、Readは280GB/sで打ち止め。
Writeも128GB容量なのでやや弱い。
mSATA規格はPC内部にケーブルが這わないため、かなり好み。
後継のM.2.もどんどん普及して欲しい。

M4-CT128M4SSD3

同じくmSATAの256GB版。
CT250MX200SSD3と比べて全体的に性能が大幅に向上しているが、ランダムIO含めて完全にSATA2の転送速度限界に達している。

WD20EARS

おまけのHDDそのいち。

WD40EZRX

おまけのHDDそのに。2TBと比べると密度分高速化したかなーという程度。
WDのGreen版なので速度は気にしない。

BUFFALO RAMDISK (DDR3-1600 8GBx2 Dual-Channel)

おまけそのさん。RAMディスク。

SATAのSSDと比べると規格外の速度が出ているが、近年のNVMe対応SSDではシーケンシャルReadが2.7GB/sを超えてきたり、その後に控えているPCI-ExpressX16接続のSSDは10GB/sを実現するなど、数年前までは想像もできなかったような高速SSDが登場しつつある。

今後のメモリ界隈、SSD界隈がどう進化していくのか楽しみです。

一人暮らしのマンションに固定回線を引いたのをキッカケに、PC一式をクリーンインストールすることにしました。

サーバー
実家のサーバーはSSDx2台構成のWindowsServerOSでしたが、これを240GBのmSATA1枚に集約。
かつデスクトップマシン兼用とするためGeForce730を挿してWindows8.1をインストールしました。

デスクトップ
今まではPC買い替えや新しいOSの発表とクリーンインストールをしたいタイミングが被るので、PC構成そのままで初期化することは無かったのですが、今回はWindows10はまだ微妙、新ハードを買い換えるほど困ってもいない状況のため、初めて構成そのままでクリーンインストールすることに。OSはWindows8.1です。
そしてゲームは未だ全くインストールされていません。正直この2ヶ月ほどPCゲームしてないです。
盆もシルバーウィークも無かった・・・。(泣)

VAIO-Z
サポート対象外の状態でWindows8.1を入れて動かしていましたが、今のところ特に使っていないため、人柱も兼ねてWindows10を入れてみることにしました。
もっとも最近ノートPC自体全く触ってませんが・・・。(汗)
しかしWindows10はまだ使いづらいです。
Windows8よりも更に何でもかんでも共有やクラウドにしたがるのが凄い嫌。
PCに疎いユーザーが促されるがままにホイホイアカウント作って写真入れたりしてたら個人情報なんて簡単に拡散するんじゃないか、かなり不安です。


デスクトップも新調して最新機種で遊んでみたいもんですが、最新のCorei7-6700とか価格が高くて手が出ません。
今の性能に不満も無いし・・・強いて言えばマンションだと部屋が狭いので、ATXではなくてITXが欲しいところぐらいですかね。
RAID0組んでるSSDの寿命も気になるので、ぼちぼち界隈をチェックしながら妄想しときます。

PC Name Version Data 合計
プランA   15/07/18 214000
Type Company Name 内訳
OS Microsoft Windows8.1 Pro 64bit 16000
Mather ASUS Z97-K  14000
CPU Intel Core i7 4790 40000
CPU Fan      
Memory Patriot Memory PSD316G1600KH (12800 8GBx4) 24000
Graphics ASUS STRIX-GTX980-DC2OC-4GD5  74000
Power Unit Seasonic SS-660XP2S 20000
PC Case      
Mouse      
Keyboard      
Sound      
Rom Drive crucial CT500MX200SSD4  26000
PC Name Version Data 合計
プランB     147800
Type Company Name 内訳
OS Microsoft Windows8.1 64bit 9800
Mather GIGABYTE GA-Z97X-Gaming 3 11000
CPU Intel Core i7 4770K 40000
CPU Fan      
Memory Patriot Memory PSD316G1600KH (12800 8GBx2) 12000
Graphics GIGABYTE GV-N970IXOC-4GD 41000
Power Unit Seasonic SS-660XP2S 20000
PC Case      
Mouse      
Keyboard      
Sound      
Rom Drive crucial CT250MX200SSD4 14000
 


過去7年分ぐらいの間に自分が購入したパーツでベンチマークスコアを記録していたものを公開してみる。
上側がHDD、下側がSSD。赤が書き込みで青が読み込みを示す。
シーケンシャルリード・ライトで測定ソフトはCrystalDiskMark。
各年代毎にバージョンが違ったり、測定方法がバラバラだったり、そもそもマザーやOSが違っているので、HDD単体の性能というよりそのHDDを使っていた当時のPCの読み書き速度と考えてもらった方がいい。
メモから抜き出してきたのでたまによくわからない単語(FW:ファームウェア等)が混じってたりするけど雰囲気でお察し。


HDDの方は容量増加と比例するように割と着実に速度を増してきていたりする。
500GBと2TBのHDDは単純速度もランダムIOも体感が全く違う。
また、グラフにはあらわれないが、それ以上に駆動音(発熱)が全然違ったりする。
Seagateの3TBなどはシーケンシャルIOで200MB/sに近いスコアを叩き出しており、大きい動画などならそれほどSSDの足を引っ張らない程度の速度は出ている。また細かいファイルに関しても最新Windowsのプリフェッチ効果やIO順序の最適化などが十分発揮されているため、オフィス作業程度ならあんまり問題は無さそうだ。


SSDは32GB/64GB/128GBとほぼ1年毎に購入しているため、性能が倍々になっていくのを楽しんでいた。
一番最初に買ったSSDは中古のノートPCにIDE接続したやつで、今見ると全く速度は出ていないように思ってしまうが、OS起動に3分かかっていた2.5インチHDD搭載のXP端末が30秒で起動したのは衝撃だった。
それからしばらくはSATA2、外付けチップセットによるSATA3-USB3.0バイパス等でSSDの速度が規格によって封印されていた時期があったが、Intel77系チップでようやくSATA3.0が内蔵チップセットに標準化されて以降、本来の性能を発揮できるようになった。
それでもまだまだ規格に縛られていることもあり、600MB/sオーバーを出そうとするとRAID-0を組むか、最新のM.2.を使うしか無い。(PCI-e接続もあるが、価格的にコンシューマーでは手が出せないよなぁ)
今後5年でこのあたりの規格がSSDに最適化されて、今の性能の10倍ぐらいの速度が出るのかどうか、楽しみだ。



まあこんなもんだろうな。

驚くほど速くなったわけでも無く、さりとて文句をいうほど遅くもなくといったところ。

ちなみにeoのスピードテストだと下りで450Mとか出たりするが、現実的にその値が使われることは絶対に無い
というか詐欺じゃね?ぐらいの数値が出るので鵜呑みにするのは駄目。
大凡表示されている6割ぐらいの数字が実測値と見ていいだろう。

サイトによっては22MB/sのダウンロード速度が出るのは楽しい。
といっても100Mプランの時でも12MB/sぐらい(=ほぼ理論値)は出てたのだが。

特に使うあてもなく1Gigaにしたわけだが、このインフラを使う時はいつやってくるのやら。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]