忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

junichi氏ジオラマ写真集を出したと言うので早速購入しました。
サービスエリアに展示される氏のクオリティだけあって、ジオラマの出来はもはやプロレベル。

そして何より自分よりも一緒に見ていた祖母の方が感動しておりました。
昔(50年以上前)元気な時に日本中を旅行した思い出もしっかり覚えていて、碓氷峠の写真を見た時も「ここで釜飯食ったなぁ」と言っていました。
どうやら続編もあるようですので、氏の今後のご活躍に期待です。

 
かっこ良く写真撮ろうとしたら見事に反射した図。(笑)

PR
駅名ジェネレータとかいうので遊んでみた。
なお、震源地のオリオンをなぞるには勝てない模様。
 
 




 

とうとう買っちゃいました。
普通に買うと12000円ぐらいすると思うんですが、Amazonで買うと8000円ぐらいでゲット出来ました。
E5系の方は40%OFFぐらいでしたが、パッケージが結構色褪せてたので在庫セールぐらいのノリですね。

プラレールアドバンスのいいところ
普通のプラレールと比べてちっちゃくてカッコイイ!
1レールで複線なのでレイアウトも組みやすい。
IRコントロールめっちゃ楽しい。電池2本積んでるので速度が速い。

プラレールアドバンスの不満点
やっぱり脱線しやすい。
カーペットの上とかは無理。フローリングか机の上前提。
ポイントやカーブが連続しても脱線する。直線を挟むこと。
電池交換がプラスドライバー前提なので、すごく面倒。
これが最大の不満点。
おもちゃなんだから電池交換ぐらいカパッと外せる仕組みにして欲しかったなぁ。
あとIRコントローラーは単3電池にして欲しかったです。
単4電池なんてそんなに家にない。(汗)

今後はレール増やして複雑なレイアウトとか作ってみたいですね。
面積広げるのはスペース的に難しいので、一畳レイアウト的な立体レイアウトを考えるかなぁ。

Hurry up! アテンの群れ(※1)から
Let it go! はぐれた君の
What do you see? 宇宙船は、トリノスケール(※2)ほら赤く点灯
Hurry up! そろそろ時間ね
Let me see, 準備はいかが?
Can you do? 誰かを救う 君の勇気をほら見せて頂戴
アポフィス(※3)の近づくように 行き先なくして彷徨う
何千回何万回も生まれ変わる 始まりと終わりが交わる場所
何億光年離れた 君のこと 追いかけて声届くまで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

アポフィスの近づくように 頬を掠める光は
何千回何万回も
何千回何万回も生まれ変わる 始まりと終わりが交わる場所
何億光年離れた 君のこと 抱きしめて弧を描くまで
追いかけて声届くまで





※1 アテンの群れ・・・アテン型小惑星のこと。軌道長半径が1天文単位より小さい地球近傍小惑星。
※2 トリノスケール・・・地球近傍天体(NEO)が地球に衝突する確率、及び衝突した際の予測被害状況を表す尺度。赤の場合は「間違いなく衝突」レベル。
※3 アポフィス・・・アテン群に属する地球近傍小惑星の一つ。2009年頃、2036年に地球に衝突するのではと噂された。最近では計算間違いだとわかり否定されている。

解説はWikipediaより引用。
他にも多分間違えが多いはず。
調べてみると中々奥が深い。
(????? ???) は分からなかった。(ギャリードゥ!)と言うふうにも聞こえる。
 
 
地球もアテン群も太陽の周りを同じような軌道で回り続ける。
地球を掠めそうだと思っても、宇宙は大きくて、天体はまったくぶつかることがない。
だけど人間が生きてるうちはぶつからなくても、宇宙が何億年何兆年も続く限り、いつかはぶつかるかもしれない。
そんなスケールと、後半は輪廻と掛けてるのかも。



3/17
通りすがりさんのご指摘により修正しました。
我ながらひどい英語のリスニング力。(笑)
自戒の念も込めて各和訳など。

Hurry up!    ・・・急げ!
●Ready go!    ・・・さあ、行こう!
●What do you see? ・・・何が見える?
●Let me see...    ・・・ええと、そうだなぁ…
●Can you do!    ・・・できるさ!
 
「離れた」と「離れない」は何度か聞き比べても拙者音響環境ではあやふやですが、言葉的には指摘のほうが筋が通っていますね。

6/16
最終修正。


前に「日本鬼子」で似たようなことを故意に起こしたが、期せずして同じことが発生中。
つまり今日も日本は平和です




買っちゃいました。IXY3
銀色は結構前から発売していましたが、青色はちょっと遅れて3/9日の発売です。

性能的にもDiGiC5初搭載のコンパクトデジカメということで期待大。
ジョーシンの店頭で見た時は32000円ぐらいでしたが、Amazonで買うと28000円程度(手数料込み)だったので迷わずポチッと注文。
土曜の昼に頼んで日曜の夕方に手元に届きました。

Canonが性能云々よりもデザインに拘ったと言うだけあって、シンプルで割り切った作りになっています。

一つは覗き窓が撤廃されていること。(まあこれは今までもあったんですが)
二つ目は保存媒体をMicroSDに変更したこと。
おそらくユーザーが持っている保存媒体がMicroSDになりつつあるという市場動向を踏まえた結果だと思います。
これにより内部の設計スペースも幾分余裕ができたのではないかと。
またPC接続部はUSB3.0規格となっているため、MicroSDは普段は取り出さず、USB転送でデータをPCに持ってくるという前提になっている気がします。

あとは本体の発色が強烈に良い。
各メーカーのデジカメも多数の色を出したりしてデザインに拘っていた感があったのですが、ここまで質感も求めたメタリックブルーはカメラではあまり無かったと思います。
物を撮る時に隣にこのカメラを置きたいという矛盾が発生してしまうぐらい個人的には好きなデザインでした。
(余談ですが、IXY3の高級感に比べ、上位機種のIXY1のあのチープさは一体何なんでしょうか?悲しくなってくるんですが・・・)

ただ、バッテリーが今まで使っていたものの半分ぐらいの大きさしか無いのが若干不安です。
旅行とかに出かけた時は必ず充電しないといけないのかも。
不安ならもう一つバッテリーを買ってもいいかもしれません。


本体をべた褒めしたものの、肝心の写真はと言うと流石にまだ撮ってなかったり。(笑
まあ、今後このブログにアップロードする写真はそのデジカメの写真になるので、おいおい良い写真を撮っていきたいと思います。
前後編をGW中に書こうとしたのですが、帰ったらイベント目白押しだったせいで全然PCに触らないまま関東に帰ってしまいました。しかし、あまりにも中途半端なのでもうちょっと報告。

休日には大宮の鉄道博物館へ行って来ました。(写真のっけたかったのにデータを実家に置いて来てしまった:汗)入場料1000円取られますが、あれは行く価値はあります。鉄道をよく知らない人でも十分楽しめるので是非行かれることをお勧めします。
あとは、試験を受けるために新宿にも出向きました。(またまた写真が無い:涙) こちらは完全なオフィス街で大阪と比べるとやたらめったら高いビルが並んでました。上野・東京方面はまだ行ってませんが、後日秋葉原には行く予定です。


4月中はインターネットが寮で出来なかったのですが、5月からどうにか繋がるようになりました。一応家のサーバにSSHとFTPがつなげられることが分かったので、安心してサーバ構築を行うことが出来ます。
VRMの予定ですが、とりあえず非力なノートPCではどうにも動けないので主立った活動はひとまず6月末まで休止。ホームページに使う画像も撮影できないので、そっちのほうもお預けです。
ただ、データだけ先行して揃えておくと共に、次の企画に向けてデータ収集を行っていく予定です。
でわ、とりあえずはこれにて。
初めての一人暮らしは不安とわくわく感で半々ぐらいでしたが、簡単な調理自体は大学の研究室で作ってましたし、単身寮での生活も掃除洗濯さえなければ旅行行った感覚に似ているので、案外何とかなりました。しかし、会社帰りにスーパー寄って料理作って飯喰って洗って風呂入ってするとほとんど自由時間って無いんですよね、これが。おまけにここ半年ほどは朝11時に起きて夜2時ぐらいに寝る生活を続けていたのですが、それを朝6時半起き、夜11時寝の生活に整えるまでかなり苦労しました。(汗)

向こうでの住処ですが、とりあえず単身寮の5階に入っています。すぐ隣には東海道本線が走っており・・・


















写真を撮るには色んな線が邪魔になりますが、こんな感じで部屋の中から列車を拝むことが出来ちゃうわけです。もう、これだけでお腹いっぱい。関東に来ただけのことはあったということです。ただちょくちょく深夜に貨物が走るので、あんまり静かに寝れないということが欠点でしょうか。
それと満員電車の感想ですが、あんまり大阪環状線の混み具合と変わらないような気もします。ただ、大阪は8両、こっちは15両なのでホームに溢れる人の数は確かに多かったですね。毎日のように人身事故が起こる理由がよくわかります。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[05/10 Caldia]
[05/04 USO800鉄道]
[01/31 Caldia]
[01/31 AKAGI]
[12/17 Caldia]