忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ウワサっつーかネタバレと言うか。
I/Oに岩渕さんのインタビューが載ってました。
個人的に気になったところは以下の2箇所。
・DirectX12対応
・スクリプト言語はPython採用

DirectX12対応は昨今のPC環境に追従して素直に歓迎ですね。
ただしDirectX12はWindows10以降しか対応していないため、自分のようなWindows8.1やWindows7では遊べないことになります。
これを期にWindows10へ移行するのも検討ですかね~。

Python採用はついに!といった感想です。
アセンブリチックなスクリプト言語はおそらく内部で高速に動作させるには致し方なかったとはいえ、ユーザーからすれば未知の言語であり取っ付きにくく、汎用性も流用性も乏しいものでした。(おまけにVRM以外使えない)
それがRPGツクール等と同様に汎用プログラム言語で実装されるということになります。
NXの対応次第ですが、オブジェクト指向でコードが書けたりファイルIO、ネットワークIOも実装できれば他のアプリケーションなんかと連携できて楽しみが増えそうです。
外部エディタも使えると尚良し。

インタビューで強調していたところと言えば、既存のVRMは古いコードを「CPUパワーでゴリ押し」しているのに対して、NXはコードを刷新して処理をDirectDrawに置き換えているので今まで以上に高効率な動作になることが期待されます。(GPUを効率良く使うってことですね)
作り込めば作り込むほど重くなっていたレイアウトも改善されることに期待します。

 

おまけ。
鉄道模型チックにレールをブワーッと敷いて列車を並べてニヤニヤするレイアウト。
よく見たら地形の縁が消えてますが、NXは俯瞰でも耐えられる描画方法になれば嬉しいですね。

色々な新機能も実装されそうですが、ダウンロード前提になるなら基本設計が出来た段階でソフトを公開してちょっとずつ機能を追加していくようなプロダクトスケジュールがいいなぁ。

他にもインタビューではWebで公開されていない情報が載っていたので気になる方は要チェックです。(・ω・)



2018-12-11-0002
MX→NX
タイトルを盛大に誤爆したのを修正。スパロボじゃねーんだぞ…。
※記事URL直したので一部リンク壊れてるかも
PR

仕事の件

6月から関東に編入された大型プロジェクトは要件定義が終わり、基本設計工程に入っています。
アプリケーション側は一旦離れつつ、システムの全体設計とかユーザーの運用業務に漏れてる要件を拾っていく動きをしています。
もうちょっと詳しく言えば各ハードウェアの物理配置、性能設計、結線、定期バックアップ方法、ログ刈り取り、アラートの選定などです。
他にもミドルウェア選定や論理構成図なんかも書いてます。
更に具体的に言うとサーバはDB、AP、AD、Syslog、BKとかの種類があり、CPUコア数、メモリ、ストレージ容量はこれこれ、DBはASMでクラスタリング、APはロードバランサで負荷分散、それ以外はホットスタンバイで、とか。
バックアップ対象はDBとAPのシステム領域とデータ領域の何テラバイトを遠隔地のデータセンターに100Mbpsで午前何時から何時までの間に差分転送、ログはローカルテンポラリ領域でzip圧縮掛けてからSANへ退避、ログ退避が完了したら前日分の操作ログと通信ログをクリーニング、・・・みたいな感じの決めごとを書いてます。
ただ、どんな性能が必要かは当然業務要件が出てこないと勝手に決めることも出来ず、そして業務側の要件も膨らみながら遅延してるのでかなりグダグダ感溢れるスケジュールで進んでいます。
今の所残業時間を調整しながら40時間で推移してますが、月3ぐらいで日曜出勤する羽目になっています。
割と辛い。
どちらかと言うとコードをガリガリ書いたりソフトウェアのパラメータ弄ったりするんじゃなくて触ったことのないエンタープライズ系のこういう機能があるはずだからここをこうすればできるはず!とか実体の無いふわっとした内容をワード・エクセル・パワーポイントにアウトプットする文系のようなSIerなお仕事なので余計に辛い。しんどい。帰りたい。
自社の秋葉原を中心に打ち合わせで新宿や八王子や新川崎や品川をうろちょろしてます。
アキバから八王子遠いよー!流山に帰るとなると武蔵野線になるので余計遠く感じます。(笑)

ゲームの件

RailwayEmpireとかPrisonArchitectとかを少ししてます。
あとポケGO。アキバだとポケGOのレイド参加しやすいですね。
それ以外のゲームはほぼ手付かず。
休日削られてる時点で気晴らし以上にやり込めてないです。

生活の件

とりあえず運動不足解消のためにこっちで自転車買いました。
それ以外は生活消耗品や衣類を除いてほぼ何も買ってません。
趣味に費やす時間がないので物欲が沸かない・・・。
電子書籍買ったりとかが関の山。
関東来て半年経過しましたが、来年にどうやら関西帰る可能性が出てきました。
常々関西帰りてーとは言っていたのですが、「仕事の都合上で」帰るやもしれません。
主たる理由としては、①プロジェクトメンバーが膨れており、顧客先、自社共に座席スペースが無い、②パートナーには自社作業をしてもらうことになるが、関連パートナーは関西拠点が多い、③どのみち開発環境もリモートアクセスになるため関西拠点での分散管理を考慮する
みたいな検討もされているようです。
3連休は大阪に帰ったりしてて息つく暇もなかったので、ようやく、今このテキストを打ち込めてる状態です。
もちろん日曜は出社です。
来年は関西戻るかどうかも含めて大きく生活環境が変わりそうです。
P.S.
 TO:USO800さん
↑そういう訳でちょっと以上にばたばた気味なので、例の1万の有効期限が残っていればしばらく待って頂けると幸いです。
仕事が燃えてたのもあってチェックしてなかったのですがアイマジックからVRMNXが発表されていました。
64bit化対応やDirectDraw描画等ベースが一新される一方でCADライクな2Dレイアウターは機能据え置き。
今どき3Dモードで編集できるソフトはいくらでもあるのに…と思う一方で、VRMほど物理法則を無視して(地面やパーツの接触をすり抜けて)小物を高密度に配置するような製作ツールはCADライクな方が操作も都合がいいのでこれはこれで。
色々なゲームで3D配置が便利なのは、パーツの組み合わせ方が決まっていたり、アンカーが厳密だったり、地面にめり込まないなどのルールがあってようやく便利になるものです。
アンカーが効かない状態でパイプ類のXYZ合わせとか正直やりたくないですし。
結局2Dでも3Dでも使いやすいかどうかはツール次第ってところです。
さて、次期VRMに自分が求めたいものは以下のような感じでしょうか。
脳内垂れ流しで好き勝手に言ってみます。




◆グラフィック基盤の刷新◆

・DirectX11以上対応
 ・DirectX9はもはや時代遅れなのでこのタイミングで切り替えて欲しいところ
 ・DirectX12はWindows10のみ対応だし、12固有機能を使う利点はあまり無いかな。
・LOD対応
・テクスチャが暗く見えてしまう対策
 ・テクスチャが暗く見えてしまうのは恐らく環境反射が未実装なのかなと。
 ・リニアライティングとかはどうでしょう?

◆ビュワー強化◆

・描画範囲の超拡大
 ・鉄道模型シミュレータなのに俯瞰できないってどうなん?
 ・最近のVRM画像を見てるとリアル志向の写真はすげーっ!て思う一方で「これって鉄道シミュレーターだよね?」と思わずにはいられないもやっと部分。
 ・A列車9も露骨にジオラマモードを出してきた(勿論購入予定)ので、ここは一つ先駆者としてきっちり対抗して欲しいなと。
 ・最近だとメモリ16GB、グラボVRMは3GB~6GB乗せるのが普通になってきたので今後も見据えて超巨大鉄道模型を画面内にすっぽり収められるようにして欲しい。
・ビュワーの一般的な3D操作対応(WASDキー移動、SimCityやA列車のような俯瞰マウス操作)
・「ポイントの方向外から入ってきた列車を止めない」をデフォルトにして選択可
 ・ポイントを進入方向に強制切り替え(プラレール式)か、ポイント方向を無視して通過させるか、どちらでも。
・描画範囲は多段調節できるように配慮
・テクスチャ変更機能の内蔵
 ・車両・ストラクチャのテクスチャ変更可能。
 ・A列車で行こう7のトレインコンストラクションみたいな感じ。
 ・GUI機能がなくてもテクスチャの色変えだけでもやりたい
 ・カラーバリエーションで売れなくなり、中の人がこだわっている年代や系型ごとの微細な差を気にせず安価なカラーバリエーションが量産されてしまうという諸刃の剣にもなるのですが・・・。
 ・一方でブロックサイズ問題で車両種類を多くできないAndroid版ビュワーで細部のこだわりがどこまでユーザーに嬉しいかというと、そもそも動きながら頑張ってカメラを向けないとほぼ見えないので、スマホ版は安価なカラーバリエーションが多数表示されるように作れるほうが嬉しいと思います。

◆レイアウター強化◆

・レイヤー切り替えの簡素化
・2D/3D切り替え高速化、ローポリゴンモード(トライアンドエラーの時間短縮)
・素材の一括管理(MOD化)
 ・素材をレイアウトごとではなく、アプリ本体で統括管理したい
 ・新規レイアウトに一々素材を登録する作業が面倒
 ・レイアウト内でリソースを使用した時にファイル保存できればいい
 ・素材はバージョン管理してレイアウト内蔵ファイルと異なっても内蔵ファイル優先(更新もできる)
 ・スクリプトもMOD化できると共有や使い回しが容易に。
 ・編成パーツもMOD扱いだと嬉しい。凝った機能とか入れておくと所有してる感があるし、編成説明とかもファイルに同梱したい。
 ・レイアウターで管理するMODが膨大な場合はMODセットという括りで管理できると嬉しい。
 ・焦点はレイアウトファイルとリソースファイルは分離して管理しつつ、リソースは特定のグループで集約管理したいというところでしょうか。
・豆腐モード
 ・無いパーツがあってもスクリプトエラーを発生させずにレイアウト起動して欲しい
 ・車両とかもダミー車両(白四角とかワイヤーフレームでもいいので)で補完
・丸め誤差でイライラしない自動緩和措置
 ・角度が0/90/180/270の直線パーツとかで99.99999があった時、自動的に100.0で置換とか

◆ゲーム外連携機能◆

・今まではリソース取り込みや印刷機能ぐらいしか無かったですが、繋がる時代の昨今ではビュワーも外部とやり取りさせたい
・外部からコマンドを送信して列車を動かしたりポイントを切り替えたり。自作アプリでコントローラを作ったり
 ・通信機能があるとネットワーク越しに制御できたりすると真のVRM-Online!とか思います。
・ビュワーの結果やログを出力
 ・リアルタイム出力できるとダイヤグラム連携させたり電光掲示板作れたりとかできそう。
・動画録画は最近だと外部ソフト使うのが主流なのでVRMに同梱する必要はあんまりないかも。

◆Steamで発売・管理◆

・高解像度なShinkansenやJapaneseTrainsはVRM以上のものは存在しないため、海外需要という点でも注目度抜群でしょう。
・版元としてはパッケージの管理機能やDLC機能をSteamにぶん投げる事ができるのも良いんじゃないかなと。(トレトレの運営が微妙すぎるので…)
・ワークショップでリソースやレイアウトの配布適用が凄い楽になることが予想されます。
・掲示板もあるしストリームも出来るしセーブファイル同期できるし今までホームページや掲示板で公開していたやりとりを公式に集約出来るのでユーザーからすると非常に楽です。
・一方で中の人的に海外サポートの負荷増やしてまで売っていきたいと思っているかは微妙なところですが。
・この辺の気軽な管理・共有ができてようやくクラウドだ!って感じがしますね。
・アカウント管理が楽なのでSteam未対応のゲームってほとんどやらなくなってきました。
・和製ゲームも徐々にSteam登録されてきているのでもはや一大プラットフォーム化してますね。

国内でこういった総合プラットフォームが登場しないのが悲しい。
どうしても利権問題が拗れるし、大手は自前で持っちゃうし、おま国主義だし。




こんな感じかな。
Twitterの方はウォッチしてませんが、今なら実装して欲しい機能とかあれば、他の人と重複してもいいので今のうちにどしどしネットに物申しましょう。
VRMNXのキーワードでウォッチしているであろう公式の目に止まりやすいと思います。(笑)
2年10ヶ月ぶりにスマホを新調しました。
機種は「Xperia XZ1」で利用していたZ3と同じくイオシスの未使用品で購入。
お値段は49800円。色はシルバーしかなかったのですがあんまりこだわり無し。

Z3に不満はなかったのですが、引越し準備中のごたごたの中、つい不注意で胸ポケットにスマホを入れた状態で屈み、スルッと落下。
しかも画面を真下にして落ちた地面には一粒の小さな砂が。
その砂粒一つに全荷重が掛かり、ガラスフィルムを貼っていたにも関わらず画面全損というアクシデントが発生しました。3600円のガラスフィルムは飾り。
ディスプレイは光ってるなーぐらいでタッチは全く反応しない。
おまけに当日は大阪住居の退去立ち会いもありスマホ内のデータが必須。
幸いOSは動いてそうだし画面さえ修理できれば何とかなりそうだったので急遽難波の修理王に駆け込み、2万円の手痛い出費が掛かりましたが何と6時間後には復活しました。

それから引っ越しや住所変更のごたごたが一段落し、しばらくは普通に使っていたのですが、電話のスピーカーの振動膜がズレてしまったのか、声が聞こえにくい状態に。
また、ポケモンGOダンジョンメーカーをやっているとスペック不足も気になり始めました。
そこでZ3以降のXperiaシリーズを性能と価格で比較した結果、XZ1が今は一番いいかなーと思って購入しました。
という事で前回の比較表に追加した表が下記になります。



AndroidOSのバージョン、CPU、メモリが順当進化しているのでゲーム動作は明らかにZ3より早いです。
ハードウェアのこれ以上の進化ってどこが変わるんだろう…と思えるようなハイエンド機じゃないかと。
XZ2の市場評判が相当不評っぽいのでXZ1はしばらくベストセラー機になりそうです。

ちなみに今回も持ち込み機種変です。
当初Z3もXZ1も同じナノSIMだったので、SIMカード入れ替えたらそのまま使えるやろ、って思っていたのですが実はZ3のSIMカードは「au Nano IC Card (LTE) (6)」で、XZ1は「au Nano IC Card 04 LE (VoLTE) (9)」という物理的には同じですが異なる規格であるということが購入後に発覚しました。
従って今回も最寄りのお店でSIMカードを交換してもらい、手数料3000円が掛かることに。
また、SIMカード入れ替え後は必ず初期化が必要みたいです。
SIMカードを入れ替えて電源再起動してもSIMカードを認識してくれずスタッフ共々焦りましたが、初期化することで普通に認識してくれました。

できれば3年以上は同じスマホを使い続けたいです。



関連記事:
Xperia Z3(SOL26)に持ち込み機種変しました
2012年Caldia総括


ホームページのトップデザインを修正しました。

前からモバイル端末でトップ画面が正しく表示されない問題があったのですが、内容の性質上あまりモバイルで見る人も居ないだろう・・・と放置していたのですが、ChromeやモバイルOSのバージョンが上がっていくにつれて段々デザインの崩れ具合が顕著に出てきたので、とりあえず最低限の修正を行いました。

トップ画面はよくある「width=device-width」とかを入れていましたが、いつの間にかまともに機能しなくなった様子。(単に使い方間違ってただけかもしれませんが)
ホームページ名はロゴも兼ねて一貫して「MS Pゴシック」に拘っていたのですが、HTML5にした影響か、それとも文字コードの問題かでChromeでは「MS Pゴシック」をちゃんと認識してくれず。
Historyの段サイズもIEとChromeで全然合わない(ピクセル指定してても合わないってなんでや…)とか散々です。

結局のところ、昔から続いているブラウザ戦争は全く終結していなくて、タグやマークアップはそれなりに規格化したものの、フォントやDPI等の問題はブラウザ以外にもOSやスマートデバイスが加わった分だけ混沌化が進んだ気がします。
ただ幸か不幸か、困っているWebデザイナーの数は昔よりも遥かに多くなり、彼らが知恵を出し合った結果、レスポンシブデザインのテンプレートやフレームワークが作成され続けており、それを使うことで現実的にデザイン差の吸収という問題を解決する回答がある、という点は救いでしょう。
しかし、反対のことを言えばBootstrapやFoundation等を使わなければゼロからHTMLを書き上げてマルチデバイスに対応することは極めて難しいと言わざるを得ません。
HTML5も相当難産でしたが、OSごとのネイティブアプリをHTML5で作れるようになることでWebブラウザーから離れた機能要求があちこちから発生、もはやブラウザ戦争とは呼べないWeb関連の言語問題は全く収束する気配がありません。

それでも「今」「まともに表示されるホームページが欲しい」という要求は常に発生し続けているため、Webデザイナーは日々更新し続けるテンプレートやフレームワーク片手に開発を推し進めていかなければなりません。
Web開発者の安息の日々は依然として見えません。
それなりに昔のタイピングゲームなのですが、最近無性にやりたくなったタイピングマニア
自分の好きな曲の歌詞でタイピングを楽しめるシロモノなのですが、譜面を作るのが億劫なのが欠点。
本家も合わせていくつか譜面作成支援ツールもあるのですがどれもピンとこなかったので、折角なので自分で作ってしまいました。

 

というわけでCaldia製「TYPINGMANIA譜面作成ツール」を作って公開しました。
最大の特徴は打ち込み用のひらがな譜面を自動で作成するところ。
今までは表示用と打ち込み用で2回歌詞作成する必要があったのですが、こちらは表示用から打ち込み用を自動生成します。
もちろん漢字から完全な読みを再変換することは無理なので多少手修正は必要ですが、9割方そのまま使えるので入力の手間は劇的に減っています。
プラス、インターバル計測機能も入れたので音楽を聞きながらリズムを合わせればファイルの完成。
XMLファイルを全手動作成すると4,50分掛かりますが、これだと1曲10分程度で仕上げることが出来ます。
そんな訳で自作ツールでタイピング譜面作りながらタイピングゲームで遊んでます。



300字/分ぐらいのタイプ能力ないとJ-POPはキッツい。
本家は更新が止まっていてFlash版しか無いんですが、HTML5版作ってくれないかなー。
数年前から東京異動するする詐欺状態になっていましたが、度重なる部課長の交替と数度の組織改編を経て、とうとう4月から東京の部隊に所属となりました。
また、その東京の部隊も拠点集約のため、某大森周辺から秋葉原周辺に移転となり、そのタイミングでCaldiaも大阪から東京に転勤命令が出ました。
残念ながら未婚なので単身赴任ではなく単身転勤です。

大阪に帰ってこれるかの見込みは今の所ゼロですが、親・親族・持家・土地・知人友人などなど、大阪に残しているものが沢山あるのに東京には何も繋がりが無いのでゼロから始めるhogehoge状態です。
とりあえず大阪帰りたいを目標に仕事は頑張ってやっていく所存です。

GW中に住むとこ探して5月最終週には引っ越し完了しなければなりません。
テンションダダ落ち。
東京行きたくない病発症中により進捗遅いですが、とりあえず処理進めます。

P.S.
秋葉原近辺に出勤するのにオススメ場所あったら教えてください。
今のところ総武線で千葉の方角(新小岩~市川とか)を検討中です。
ここ数ヶ月のNHK含めたマスコミの偏見報道にうんざりしてるけどこれもその一つ。


「学校保護宣言」と言う「学校が武力紛争に巻き込まれないようにしよう!」的なものがあって、これに参加すると「私達は学校を武力紛争に使いません」ということになるけど、日本は参加していない。



参加しない理由は多数あり、そもそも戦う可能性のあるテロリスト側が守ってくれない(学校にテロリストが進入しても校舎の破壊禁止)とか、「学校を巻き込まないためにありとあらゆる手段を取らなければならない」と書かれていたり(学校施設さえ無事なら先生達はどうなっても知らん)、戦闘区域になる可能性の学校の管理者に対して退去を強制できない(巻き込まれたら国の責任)など、滅茶苦茶な条文になっている。



このような平和ボケした条文は世界中の団体が敵対国力を削ぐためにたくさん作っているけど、それをわざわざ宣伝するのってホント日本の放送協会かよと思う。

署名活動させる前にガイドライン全文を読ませて何がおかしいかディベートさせるような教育をしてもらいたいもんだ。

高校生が学校の軍事利用防ぐための署名活動 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

武装紛争下で学校や大学を軍事目的使用から守るためのガイドライン
http://protectingeducation.org/sites/default/files/documents/guidelines_jp.pdf


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[12/12 AKAGI]
[12/10 Caldia]
[12/10 AKAGI]
[12/02 Caldia]
[12/02 USO800鉄道]