忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2年10ヶ月ぶりにスマホを新調しました。
機種は「Xperia XZ1」で利用していたZ3と同じくイオシスの未使用品で購入。
お値段は49800円。色はシルバーしかなかったのですがあんまりこだわり無し。

Z3に不満はなかったのですが、引越し準備中のごたごたの中、つい不注意で胸ポケットにスマホを入れた状態で屈み、スルッと落下。
しかも画面を真下にして落ちた地面には一粒の小さな砂が。
その砂粒一つに全荷重が掛かり、ガラスフィルムを貼っていたにも関わらず画面全損というアクシデントが発生しました。3600円のガラスフィルムは飾り。
ディスプレイは光ってるなーぐらいでタッチは全く反応しない。
おまけに当日は大阪住居の退去立ち会いもありスマホ内のデータが必須。
幸いOSは動いてそうだし画面さえ修理できれば何とかなりそうだったので急遽難波の修理王に駆け込み、2万円の手痛い出費が掛かりましたが何と6時間後には復活しました。

それから引っ越しや住所変更のごたごたが一段落し、しばらくは普通に使っていたのですが、電話のスピーカーの振動膜がズレてしまったのか、声が聞こえにくい状態に。
また、ポケモンGOダンジョンメーカーをやっているとスペック不足も気になり始めました。
そこでZ3以降のXperiaシリーズを性能と価格で比較した結果、XZ1が今は一番いいかなーと思って購入しました。
という事で前回の比較表に追加した表が下記になります。



AndroidOSのバージョン、CPU、メモリが順当進化しているのでゲーム動作は明らかにZ3より早いです。
ハードウェアのこれ以上の進化ってどこが変わるんだろう…と思えるようなハイエンド機じゃないかと。
XZ2の市場評判が相当不評っぽいのでXZ1はしばらくベストセラー機になりそうです。

ちなみに今回も持ち込み機種変です。
当初Z3もXZ1も同じナノSIMだったので、SIMカード入れ替えたらそのまま使えるやろ、って思っていたのですが実はZ3のSIMカードは「au Nano IC Card (LTE) (6)」で、XZ1は「au Nano IC Card 04 LE (VoLTE) (9)」という物理的には同じですが異なる規格であるということが購入後に発覚しました。
従って今回も最寄りのお店でSIMカードを交換してもらい、手数料3000円が掛かることに。
また、SIMカード入れ替え後は必ず初期化が必要みたいです。
SIMカードを入れ替えて電源再起動してもSIMカードを認識してくれずスタッフ共々焦りましたが、初期化することで普通に認識してくれました。

できれば3年以上は同じスマホを使い続けたいです。



関連記事:
Xperia Z3(SOL26)に持ち込み機種変しました
2012年Caldia総括


PR
ホームページのトップデザインを修正しました。

前からモバイル端末でトップ画面が正しく表示されない問題があったのですが、内容の性質上あまりモバイルで見る人も居ないだろう・・・と放置していたのですが、ChromeやモバイルOSのバージョンが上がっていくにつれて段々デザインの崩れ具合が顕著に出てきたので、とりあえず最低限の修正を行いました。

トップ画面はよくある「width=device-width」とかを入れていましたが、いつの間にかまともに機能しなくなった様子。(単に使い方間違ってただけかもしれませんが)
ホームページ名はロゴも兼ねて一貫して「MS Pゴシック」に拘っていたのですが、HTML5にした影響か、それとも文字コードの問題かでChromeでは「MS Pゴシック」をちゃんと認識してくれず。
Historyの段サイズもIEとChromeで全然合わない(ピクセル指定してても合わないってなんでや…)とか散々です。

結局のところ、昔から続いているブラウザ戦争は全く終結していなくて、タグやマークアップはそれなりに規格化したものの、フォントやDPI等の問題はブラウザ以外にもOSやスマートデバイスが加わった分だけ混沌化が進んだ気がします。
ただ幸か不幸か、困っているWebデザイナーの数は昔よりも遥かに多くなり、彼らが知恵を出し合った結果、レスポンシブデザインのテンプレートやフレームワークが作成され続けており、それを使うことで現実的にデザイン差の吸収という問題を解決する回答がある、という点は救いでしょう。
しかし、反対のことを言えばBootstrapやFoundation等を使わなければゼロからHTMLを書き上げてマルチデバイスに対応することは極めて難しいと言わざるを得ません。
HTML5も相当難産でしたが、OSごとのネイティブアプリをHTML5で作れるようになることでWebブラウザーから離れた機能要求があちこちから発生、もはやブラウザ戦争とは呼べないWeb関連の言語問題は全く収束する気配がありません。

それでも「今」「まともに表示されるホームページが欲しい」という要求は常に発生し続けているため、Webデザイナーは日々更新し続けるテンプレートやフレームワーク片手に開発を推し進めていかなければなりません。
Web開発者の安息の日々は依然として見えません。
それなりに昔のタイピングゲームなのですが、最近無性にやりたくなったタイピングマニア
自分の好きな曲の歌詞でタイピングを楽しめるシロモノなのですが、譜面を作るのが億劫なのが欠点。
本家も合わせていくつか譜面作成支援ツールもあるのですがどれもピンとこなかったので、折角なので自分で作ってしまいました。

というわけでCaldia製「TYPINGMANIA譜面作成ツール」を作って公開しました。
最大の特徴は打ち込み用のひらがな譜面を自動で作成するところ。
今までは表示用と打ち込み用で2回歌詞作成する必要があったのですが、こちらは表示用から打ち込み用を自動生成します。
もちろん漢字から完全な読みを再変換することは無理なので多少手修正は必要ですが、9割方そのまま使えるので入力の手間は劇的に減っています。
プラス、インターバル計測機能も入れたので音楽を聞きながらリズムを合わせればファイルの完成。
XMLファイルを全手動作成すると4,50分掛かりますが、これだと1曲10分程度で仕上げることが出来ます。
そんな訳で自作ツールでタイピング譜面作りながらタイピングゲームで遊んでます。



300字/分ぐらいのタイプ能力ないとJ-POPはキッツい。
本家は更新が止まっていてFlash版しか無いんですが、HTML5版作ってくれないかなー。

数年前から東京異動するする詐欺状態になっていましたが、度重なる部課長の交替と数度の組織改編を経て、とうとう4月から東京の部隊に所属となりました。
また、その東京の部隊も拠点集約のため、某大森周辺から秋葉原周辺に移転となり、そのタイミングでCaldiaも大阪から東京に転勤命令が出ました。
残念ながら未婚なので単身赴任ではなく単身転勤です。

大阪に帰ってこれるかの見込みは今の所ゼロですが、親・親族・持家・土地・知人友人などなど、大阪に残しているものが沢山あるのに東京には何も繋がりが無いのでゼロから始めるhogehoge状態です。
とりあえず大阪帰りたいを目標に仕事は頑張ってやっていく所存です。

GW中に住むとこ探して5月最終週には引っ越し完了しなければなりません。
テンションダダ落ち。
東京行きたくない病発症中により進捗遅いですが、とりあえず処理進めます。

P.S.
秋葉原近辺に出勤するのにオススメ場所あったら教えてください。
今のところ総武線で千葉の方角(新小岩~市川とか)を検討中です。
ここ数ヶ月のNHK含めたマスコミの偏見報道にうんざりしてるけどこれもその一つ。


「学校保護宣言」と言う「学校が武力紛争に巻き込まれないようにしよう!」的なものがあって、これに参加すると「私達は学校を武力紛争に使いません」ということになるけど、日本は参加していない。



参加しない理由は多数あり、そもそも戦う可能性のあるテロリスト側が守ってくれない(学校にテロリストが進入しても校舎の破壊禁止)とか、「学校を巻き込まないためにありとあらゆる手段を取らなければならない」と書かれていたり(学校施設さえ無事なら先生達はどうなっても知らん)、戦闘区域になる可能性の学校の管理者に対して退去を強制できない(巻き込まれたら国の責任)など、滅茶苦茶な条文になっている。



このような平和ボケした条文は世界中の団体が敵対国力を削ぐためにたくさん作っているけど、それをわざわざ宣伝するのってホント日本の放送協会かよと思う。

署名活動させる前にガイドライン全文を読ませて何がおかしいかディベートさせるような教育をしてもらいたいもんだ。

高校生が学校の軍事利用防ぐための署名活動 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

武装紛争下で学校や大学を軍事目的使用から守るためのガイドライン
http://protectingeducation.org/sites/default/files/documents/guidelines_jp.pdf
今年も2ヶ月に1回ぐらいの頻度でダラダラ書くかも?
あんまりWeb上で活動することも少なくなってきた上に、ゲームとかもゲーム毎のフォーラムとかで発言するようになり、プライベートよりのことはSNSで閉じてしまうとここに書くことはマニアックな鉄トークかパソコンネタばっかりになりますね。

とりあえず年末年始はバタバタしてたので真の大掃除は年明けの連休です。
んでもって、パソコン周りの配線がカオスになってきたので半日掛けて配線を綺麗にしました。
大体Nintendo Switchが増えたせいです。

Nintendo Switch買いました。
ゼルダとスプラトゥーンやってます。
日本橋行ってSwitch用の64GB-microSDXC買いました。2400円。
数年前にカメラ用に同じやつ買った時は1600円台だったので値段が下がるどころかかなり上がってますね…。
5000円ぐらいで128GBあったら買おうと思いましたが8000円台とかふつーにしてたので諦めました。
64GBぐらいの容量だとデジカメでは普通に持ちますが、ゲームストレージにするとゼルダクラスで4,5本しかソフトが入らないので少々物足りないです。
その辺も含めてゲームソフトはダウンロードではなくパッケージ版を購入しました。
飽きたら売れるというのが良いですね。


 

電源ケーブルは当初足元PC付近に纏めてましたがパソコンからはえている電源以外のケーブルとごっちゃごちゃになってしまったのと、switchを含めた大型ACアダプタが収まらなくなったので、タップをACアダプタの集約地点である頭上に移動しました。
無線LANと電源タップの近くに電話線があるのでノイズとか結構気になりますが大丈夫かな?

あと実家の鯖で運用していたWindowsHomeServer2011のDNSが全然動かなくなったため、WindowsServer2016Essentialsに移行しました。
メモリ4GB割り当てないと全然動いてくれない大食いですがちゃんとドメイン取って動いてくれたので一安心です。
ちなみにWindowsHomeServer2011のドメインは「xxx.homeserver.com」でしたが、WindowsServer2016Essentialsのドメインは「xxx.remotewebaccess.com」になりました。

他には昔のビデオテープをDVD化→mpegにエンコードとかする必要が出てきたのでAviutlとか勉強中です。
それ以外にも技術周りとか勉強しないとなぁ...。

こんな感じでだらだら独り言書いていく予定ですが今年もよろしくです。
お疲れ様です。
Caldiaです。

10月から入社何度目かわからない(そもそも社会人してから2回会社変わってるけど)部署異動がありました。
合わせて夏の終わり頃から全く違うプロジェクトに参入となり、ヒーヒー言ってます。
どれだけ違うかと言うと今までWindowsアプリをC#とOracleでガリガリ動かしながらRS232C通信メインでやってたのが、Linux上のJSP+PostgresでiPadとなんちゃってREST通信する環境を一人で構築しないといけないぐらい変わりました。
意味分からん。(´・ω・`)
流石に無理ゲーなので先月1週間ぐらい水戸の方で修行してきました。


 

8年間続いていたシリアル通信からHTTPS通信にワープ進化したし、これはこれで楽しかったのですが、最近の会社からの指示が「AI使ってなんかしろ」とか「ブロックチェーンで何かできないか」とか「セキュリティを事業化しろ」とか頭悪そうな指示がたくさん飛んで来るようになり、この会社そろそろ大丈夫かな・・・と不安でいっぱいです。

ゲームの方はもっぱらSteam中心生活になってきました。
FactorioRimWorldは一段落、4割引してたNieR:Automata(3D酔い注意)とかも。
艦これとツムツムはマイペースに。
switchとスーファミニも欲しいのですが、そこそこ根気良く探さないとまだ無いのと、11月辺りからの過渡期でゲームから離れ気味です。
カメラやPC内のデータ整理と8TB-HDDへの移行も出来ていないので年末年始は部屋でぬくぬくしながらデータ整理してそうです。
ブログもこの前行った和歌山の鉄學の記事ぐらいは作りたいのですが、写真整理が先かなぁ。

ホームページも惰性管理。
そういえば永らく使っていた「誰でも地図」ですが、先月サービスが終了してしまっていました。
10MBの画像をいい感じに載せられる方法がぱっと思いつかないので、ひとまず利用ページは閉めました。

Web上の活動規模が縮小していくことを寂しいと思う半面、これ以外にもすること出来ることやらないといけないことが増えてきていることでもあるので、いろいろな他のタスクにリソースを振りつつ頑張っていきます。



半月ほど経過してしまっているが、ふらり訪れた掲示板でVRM界の最古参かつ重鎮のまゆきち氏が誰にも真似出来ないであろう偉業を達成されたのでここに記念スクショを保存しておくと共に成果を讃えたいと思った次第。

氏の作成しているレイアウトはお世辞にもレイアウトコンテストに出品されるような細部までとことんこだわった完成度を誇る作品ではない。
ただ実在する鉄道風景の特徴をピンポイントに凝縮して区間ごとに作成していくスタイルと言える。
そしてその一つ一つをファイルへ丁寧に保存して淡々と公開することは文字通り一朝一夕で出来るようなことではない。
まさにVRMの歴史と共に歩んできたまゆきち氏だけが出来た正真正銘の偉業だと思う。

という訳でたまには氏のホームページから自分の住んでる沿線のレイアウトも探してみては如何だろうか。
なお、氏の記念コメントも掲示板に書かれているので、いっそ褒め殺しにしてあげるのも一興かと。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[05/18 Caldia]
[05/01 Caldia]
[05/01 AKAGI]
[04/30 Caldia]
[04/29 USO800鉄道]