忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

VMWare Workstation12 Player(12.5.7)でAndroid-OSを動かそうとして嵌ったのでメモ。
OSは「android-x86_64-7.1-rc1.iso」をダウンロード。
色々試行錯誤中に「android-x86-7.1-rc1.iso」や「android-x86-6.0-r3.iso」でも動かしてみたところどれでも動いた。



はまったのはインストールに関係なくOS起動時。
ISO読込み時のメニュー画面は上手く表示されたのだが、CDブートでもインストール直後でもその後の画面が乱れて表示された。
「ANDOROIDx86_x64:/#」から進まない。


VMWare側の設定を弄ってみたりしたところ、最終的にグラフィックアクセラレータを有効にする必要があると分かった。
これを有効にしたところ、CDブートもインストール後もあっさり画面が表示された。
画面がバグってるわけだ。



VMWareがandroid-x86を「Free-BSD」として認識するのでグラフィックアクセラレータを有効にすると警告が出るのだが、android-x86は(あるいはVMWareは)きちんとGPUを使ってくれるらしい。




動作速度はかなりサクサク動くイメージ。
ただしキーボードが英語配列しか無かったり、色々改善する必要がある。

 
  

ゲームだが、「ねこあつめ」は縦画面のゲームをすると画面表示が90度回転してしまうため楽しむのはちょっと厳しい。
(しかも操作によっては90度回転状態から元に戻らない)

 

「Deemo」は悲しいことにゲーム画面でタッチ(マウス操作)が一切認識されず、タイトル画面から進めなかった。



タッチを認識するかどうかはゲームによって異なるようだが、何となくWebアプリ系かネイティブアプリかで分かれるんじゃないだろうか。
とりあえずVMWareでのテストはここまで。
本格的に遊ぶならフルHDのタッチディスプレイを買って、USBブートさせて遊ぶのが良いかなぁと考え中。
 

PR
お疲れ様です。
Caldiaです。

今年に入って大阪でやる仕事が無いため東京に出稼ぎすることになりました。(笑)
4月5月は半分ぐらい大森方面に出張していました。
それでも稼ぎが足りないので(?)5月下旬から足立区に住み込んで炎上案件の消化隊として働いています。
東京住み込み生活は7月末までか、もうちょい伸びるかも知れません。

今年4月にシステムリリースしたものの、本番直前のデータ移行が失敗しており、なおかつ日次処理のバッチに不具合があり、ついでにDBが何度か落ちており、2ヶ月掛かって数十万件のレコードにデータ不整合があると判明しておりながらシステム開発チームは3月末で解散しているという、酷いようですがこの業界ではよくあるトラブル案件です。
なんでこんなプロジェクトがまかり通っているのか不思議でなりません。

今は日次バッチがちょくちょく稼働時間を突き抜けてる(所謂バッチ突き抜け)が発生している調査と対策を迫られてる感じです。
あとマルチテナントで動いてる本番環境のOracleにアップデートパッチ当てろとかいう無茶振りも来ています。
なので東京に宿泊拠点があるものの、全く遊びに行けるような状況になりません。
東北方面とか離島とか遊びに行きたいのですが。

他人事というか気分はGuestAccountなので、精神的プレッシャーは当事者のPMやPLよりいくらかマシですが、とりあえず身体と精神を壊されないように気を付けながら給料分の仕事に励みます。

ホームページリンクを更新しました。

はてなブックマーク [VRM]タグが公式欄に入りっぱなしだったので追放。
このタグも最近はコンデンサに押され気味。

トレトレの掲示板は荒れ放題の草ぼうぼうでスパムの巣窟と化しているので非表示にしました。
元からユーザー間で荒れ気味でしたが、管理って誰がやってるんでしょうね?
既に公式がまともな掲示板を用意しているので、スパム塗れの掲示板は早いとこ閉鎖して欲しいです。
新たにクラウドの公式サイトをトップに持ってきています。
クラウドビュワーもリニューアルされたことですし、今後はこちら押しで。


ユーザーのブログで一通り更新チェックしたところ、VRM4時代にコンビネットで活躍されていたZio氏のホームページ「VRM4-comVignette」が一旦復活したものの、なんとホームページサービス自体が今年の1月末で終了してしまいました。
Caldiaのホームページも時代の波に飲み込まれそうで、他人事ではありません。
あと数年は大丈夫そうですが、10年後に残ってるかと言われると怪しいです。
時代の流れを感じます。
ひょんなことから謎のホームページを発見した。
 
一見すると普通のサイトにも見えるが、ユーザー諸君からすると謎どころかいくつもちぐはぐな点が見え隠れしていっそ気味悪さすら感じる。

作者が誰か分からない
ホームページ上のどこにも作者・管理人名、あるいは企業名すら表示がない。
タイトルやコピーライトを見ても一貫してゲーム名となっている。

作者はゲームを持っていない
ホームページはゲームのことを紹介しており、画像も載せているが、ほとんどが関係がない画像であり、 数点ある画像もレイアウターから取得したものである。
ゲーム画像はいくらでもネットにあるのに、あえて別製品の画像を掲載する意図が読めない。

作者はゲームをネットで調べている
サイト上の説明はネットで検索してヒットした内容を中心に書かれているが、そのネタの抽出精度が微妙にユーザー視点から外れている。
初代の発売年から最新の5まで、しかもOnlineは過去月額料金があったこともチェック済み、自作車両までピックアップしている。
しかし、最新作はスクリプトが簡単に書けるような思い込みもしている。
ゲーム知識とは別に各ページの説明の連携具合も若干おかしい。
 だが、日本人以外が作ったような雰囲気は見受けられない。
AIが書いた記事である可能性も捨てきれないが。

作者は手間暇掛けてサイトを作っている
驚くことにこのサイトはドメインが取得されている
また、製作にはAdobeの「Dreamweaver」が使われているようだ。
単なる個人ホームページでドメイン取得までする理由はない。
なお、サイトの中には外部に対するリンクが一切ない。
 
作者は公式サイトと無関係である
仮に本家寄りのステマだとしても本家が鉄道模型シミュレーターのことをトレインモデルシミュレーターなどと表記するはずがない。マジTMS
同様にユーザーがトレインモデルシミュレーターと言う単語を割り当てることも無い。
当然、広告や公式サイトへのリンクもない。
むしろ本家の画像をあえて使っていないことを思うと、公式から距離を取っているように感じる。

 
以上のように、誰が何のために作ったのかさっぱり分からないサイトである。
ゲームを褒めて書いているが、レビューっぽい記事ではなく第三者視点の褒め方(しかも内容に違和感あり)、かと言ってアドセンス広告があるわけでもなく公式サイトへ誘導するわけでもない。
ホームページの製作と公開のテストとしてたまたま見つけたゲームを題材にしてサンプルを作ったけど検索サイトに捕まってしまった、とかなら考えられるが、それにしてもゲームの説明が妙に具体的である。

もし作者がリンクを辿ってこの記事を見てもらえたなら、サイトの存在理由を教えて欲しいと思う。

 
 
 
 
片道勇者片道勇者+のSteram版がセットで500円ちょっとのセールをしてたので、プラス版をやってみたい気持ちもあって購入しました。
プレイ前はフリー版同様に周回プレイしないといけないかと思いましたが、幸いフリー版のセーブデータをそのまま持ってこれたので、例の最強装備をひっさげてコンバート。
実績が半分ぐらい一気に解除できたので、そのまま全部実績をアンロックしていこうと思い、キャンペーンを利用して経験値1.3倍や仲間と共に次々とクリアして行った結果、Steam版のプレイ時間30時間以内で全実績を解除できました。

プラス版は色んな所で難易度調整がされていて、無印のように最強装備一本で無双、あるいは杖持って雷撃連打が出来ないようになったため、非常に良いバランスだと感じます。

敵の強さも距離に比例して前作よりも強化がプラスされているため、非常に悔しいことに10000kmの旅を完遂できていません!
敵の硬さと高度修復のドロップ率が激減したのが辛いです。(笑)
また「片道勇者++」とか出たら遊ぶことにします。

 

ところでこういった「セーブデータの引き継ぎ」とかの機能ってPCゲームだとあんまり見かけないですね。
セーブデータが引き継げるとゲームが楽しくなるのはもちろんですが、「過去自分がやりこんだゲーム時間が報われる」というリアルに影響する特典が、何よりも嬉しいです。





2017/03/06
武器をプラス仕様に魔改造してリベンジしました。
無事10000km達成。

しかしスクリーンショットを漁ってるとプラスの不利特徴を利用して総合勇者レベルを5桁突破することが出来るみたいです。
めっちゃ時間がかかりそうだけど暇ならやってみたい。


2017/03/12 追記

 

やりました。
だいぶしんどい。
 
経験値1.3倍×試練の腕輪だと敵を倒すと常にLV+5になる上に、強敵×4の世界は自分の成長よりも敵のベースLV加算が早いので、どれだけ道中敵を取り零さずに倒していけるかというゲームになります。
前半は伝承×10の装備もそこそこ有効ですが、終盤は最強装備でも確殺(1撃で倒すこと)ができなくなります。
武器の消耗が加速度的に上がってしまうため、耐久値MAXの武器でも10匹程度と戦うだけで簡単に壊れます。
したがって、骸骨とゴーレム以外は素手で40連続攻撃とかの方が割に合うようになってきます。
草とか石を投げた方が強力
な場面も出てきます。
 斧系を投げるとゴーレムに99999ダメージとかいけます。
 
魔王を仲間にすると物理攻撃以外に2マス超火炎を撃ってくれたり、アルバートの銃も2マス連撃してくれるのでオススメ。
 
これ以上スコアを頑張るなら、資産評価を上げるためにお金を宝石や純金の板に換金したり、次元の果てクリアを目指す必要がありそうですが、かなり時間が掛かりそうなのでひとまずここで満足しておくことにします。(笑)



関連記事

片道勇者 - CaldiaのGameRoom
片道勇者プラス - CaldiaのGameRoom

超久しぶりにVRMのホームページを更新しました。
VRMユーザーのリンク集以外をいじるのは調べてみたら約4年ぶり!でした。(しかもデザイン調整だけ)

まず先立って、VRM Roomの目次を他ページのindexと同じデザインにリニューアル。
また、XP時代に書いたパソコントピックスはいい加減参照する人も居なくなってきたと思うのでリンクを削除しました。
ページは置きっぱなしにしているので、探せば出ます。

次に新しいページですが、「Scritp Catalog」と言う名でVRM5、VRM ONLINEで使えるスクリプト一覧表を作りました。(8年越しに当初の三大構想だったTrain,Parts,Scriptが揃う。笑)

作成した背景ですが、VRMのスクリプトを久しぶりに触る機会があったのでポチポチやるかぁと思いきや、久方ぶり過ぎて文法から何やら完全に忘却の彼方という有様。
で、とりあえずどんなコマンドあったっけなぁと思ってググってみても何も出ない
公式のオンラインマニュアルすらヒットしない!)
公式マニュアルも1ページ1コマンドで一覧性に掛けるため、仕方ねぇ、無ければ自分で作るかぁと思って作った次第です。

まだ自分に必要な分だけしか載ってないので、まずはレイアウト系とかシステム系とか書ききれてない命令をコンプリートしていく予定。
今のところVRMのコードビルダーから文字列を持ってきてExcelで並べたやつを纏めただけなので眺めるぐらいしか使い道がないですが、今後やる気が出れば各コマンドの引数の値とか実行結果なんかを別ページで解説付けてリンクを増やしていこうかなぁとか考えています。

junichi氏ジオラマ写真集を出したと言うので早速購入しました。
サービスエリアに展示される氏のクオリティだけあって、ジオラマの出来はもはやプロレベル。

そして何より自分よりも一緒に見ていた祖母の方が感動しておりました。
昔(50年以上前)元気な時に日本中を旅行した思い出もしっかり覚えていて、碓氷峠の写真を見た時も「ここで釜飯食ったなぁ」と言っていました。
どうやら続編もあるようですので、氏の今後のご活躍に期待です。

 
かっこ良く写真撮ろうとしたら見事に反射した図。(笑)

学生時代の同級生(子供同伴)と一緒に初めてプラレール博に行ってみる。
成人の日かつ月曜祝日・最終日という事もあって、普段より人は少なめだったと思う。
とは言ってもプラレール釣りやプラレールクジといった各種催し物は20分待ち以上が基本でした。



巨大レイアウトは中々のものだけど、国際鉄道模型コンベンションと比べると密度は低め。
どっちかというと車両を一度にたくさん走らせられるように凝ったレイアウトとかにはなってない。
子供は釘付けだからいいかな。



で。
最後に本領発揮したのがこちら。

子供を遊ばせるプラレール広場があって、入れ替え制の最終回(時間短め)にギリギリ滑り込んだ。
折角だから自称レイアウトプランナー(謎)の力を見せてやるぜとばかりに開始3分で2畳分の平面レイアウトを組み上げ、参加者の中で一番大きなレイアウトを作って自己満足する29歳独身。

-そしてすぐ隣で時間を測っていた3人の女性スタッフに本気でドン引きされる29歳独身。

同級生曰く、
「お姉さんたち、『あの人黙々と作り続けてるけど、終了です、って言って良いのかな・・・』って困惑してたよ」と言われました。
プラレールに夢中になりすぎて全然視線に気付かなかった。(笑)

結局制限時間いっぱいまで作り続け、写真撮ってすぐ片付けるという競技になったのでした。(※1 そんな競技ではありません)
(※2 同伴の子供はずっと走らせて遊んでたので当初の目的は達成)


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]