忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402]
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、告知に伴い、CaldiaのDCCルームを完全リニューアルしました。

①メニューページのリンクパネル化
予告に書いた通り、各ページへのリンクを通常のハイパーリンクではなく、タッチパネルに最適なパネルリンクに変更しました。
今までWebリンクのパネル化は主にブラウザのCSS問題を孕んでいたため、普及するのにはIE6等の旧式ブラウザの駆逐を待たなければならなかったのですが、タッチパネルが登場してくると今後もパネルリンクは急速に普及するものと思われます。
そこで、スマホ対応とまではいかないですが、一種のテストモデルとして今回先行テストしてみることにしました。
リンクの子要素に説明を書いていたものをAタグのTitle属性に含めることで、リンク先が何を意味しているのかの関連付けが容易になっています。
また、タッチパネルでなくてもリンクが押しやすいと思います。

②CSS共通化
VRM RoomとDCC Roomなど、トップページ以下のフォルダごとにCSSを分けていましたが、Caldia作品として全体のデザインを統一するべく、デザインの共通化をしました。
見て分かる通り、DCC Roomの基本デザインはVRM Roomのデザインとほぼ同じになっています。
但し、全く同じにするのもイマイチなので、デザインのみ同一として色パターンをフォルダごとに変えるようにする予定です。

③内容の充実
既存ページの写真や解説を増やした他、元々掲載する予定だったものがずるずる伸びていたものを完成させました。運転方法などは他のページに任せますが、このページを読むとDCCの付け方や配線方法が何となく分かるのではないか、と思います。
それと「とある研究室の記録」と称した「DCC鉄道模型レイアウトが出来るまでの話」を公開しています。
時系列的な意味ではややフィクション混じりではありますが、ほぼ実話を元に書いていますので是非ご覧くださいませ。

DCCページの拡張はおそらくこれで一応の完成を見たと思っています。
本当はJMRIの解説やC#での鉄道模型運転プログラミングも紹介したいのですが・・・そこまで手が回っていない状態です。いつかはできるかなぁ・・・。

そんなわけで、本年もどうかよろしくお願いします。

By Caldia
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]