忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[247] [244] [243] [242] [241] [238] [235] [234] [233] [232] [231]

久しぶりにスクリプトを触ってみたら見事にスクリプトの書き方を忘れてしまっていた件。

1.4098適応済みのVRM4で新規レイアウト作成を選択
2.レールを一本敷いてコキを置く
3.レイアウトオブジェクトに以下のスクリプトを書く
------------------------------------------------------
Var tim
Var SStimer
Var MaxShot
Var count
set SStimer 1000
set MaxShot 4
SetEventTimer this ScSho tim SStimer

BeginFunc ScSho
ScreenShot MaxShot
add count 1
DrawVar count
EndFunc
------------------------------------------------------
4.保存してビュワーを起動
5.暴走

ってな感じです。要するにSStimer時間毎にスクリーンショットを撮りたいんですがビュワーを起動するといつもより長めに黒画面が出た後、カウンターが凄い勢いで加算されていきます。
ちなみに、『SetEventTimer this ScSho tim SStimer』のSStimerを1000に直接書き換えると正しく動作するのですが…。
訂正:書き換えてもやっぱり挙動がおかしいです。起動数秒間はCPU使用率が跳ね上がり、カウントが安定しません。前述のコードの書き方って駄目なんでしたっけ?
一応作業に不備はありませんが、何故駄目かとか原因など知ってる人がいれば教えて頂きたいです。
訂正:撮れたスクリーンショットのカウント番号を見たら全然正しく動いていない…。

この調子ではまた一からスクリプトを覚えないといけないようだ。(汗)
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忘れてるんじゃなくて、そもそもわかって・・・いや、何でもありません、モゴモゴ
【怎麼生】 http://caldia.blog.shinobi.jp/Entry/238/ 【説破】 4.0.9.8 その1。SetEventTime/After/Timer命令の第4パラメータ(時間)は変数に対応していません。SCRIPTマニュアルの記述上も、変数が使えるとは書いてありません(使えない、とも書いてありませんがw)。加えて、VRMビュワー起動時のスクリプト文法チェックは甘々で、しばしば変数対応していないパラメータに対して書かれた変数名を無視し(エラーにならずにビュワーが起動してしま...
WEBLINK[URL] 【2008/08/21 16:20】


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]