忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473]
学生時代の同級生(子供同伴)と一緒に初めてプラレール博に行ってみる。
成人の日かつ月曜祝日・最終日という事もあって、普段より人は少なめだったと思う。
とは言ってもプラレール釣りやプラレールクジといった各種催し物は20分待ち以上が基本でした。



巨大レイアウトは中々のものだけど、国際鉄道模型コンベンションと比べると密度は低め。
どっちかというと車両を一度にたくさん走らせられるように凝ったレイアウトとかにはなってない。
子供は釘付けだからいいかな。



で。
最後に本領発揮したのがこちら。

子供を遊ばせるプラレール広場があって、入れ替え制の最終回(時間短め)にギリギリ滑り込んだ。
折角だから自称レイアウトプランナー(謎)の力を見せてやるぜとばかりに開始3分で2畳分の平面レイアウトを組み上げ、参加者の中で一番大きなレイアウトを作って自己満足する29歳独身。

-そしてすぐ隣で時間を測っていた3人の女性スタッフに本気でドン引きされる29歳独身。

同級生曰く、
「お姉さんたち、『あの人黙々と作り続けてるけど、終了です、って言って良いのかな・・・』って困惑してたよ」と言われました。
プラレールに夢中になりすぎて全然視線に気付かなかった。(笑)

結局制限時間いっぱいまで作り続け、写真撮ってすぐ片付けるという競技になったのでした。(※1 そんな競技ではありません)
(※2 同伴の子供はずっと走らせて遊んでたので当初の目的は達成)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]