忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365]
アトラスよりキッズ向け鉄道カードゲームが今夏稼働!!
http://moebiuslink.com/blog/?p=1377

これを高く評価したい。
ポイントは二つ。

まず、ユーザーと二人三脚で動かしてきた、あるいはユーザーに対してソフトを売るBtoCの形態から、企業に対して商売するBtoBの形で動いたこと。

VRMはImagicが本当に対象としたいユーザー層は資金を持つ大人の鉄道ファン達だろう。
しかしVRMオンライン以降、導入の手軽さもあってか、若いユーザー層、特にパソコンにあまり詳しくない小中学生のユーザーが目立った。
ユーザーが増えることは好ましいが、Imagicとしてはお金を稼がなくてはやってられないので、拒みはしないものの、現状を打破する「何か」を待ち望んでいたことは想像に難くない。

そこへ来て今回の幼児向けアーケードゲーム機への協力は正に願ったり叶ったりの進出だったと思える。
また、Imagicが直接経営するのではなく、3Dデータの提供などで落ち着くと思われるため、利益はともかく、非常にリスクは低いと思える。


二つ目はVRM用に作成した3Dデータを同ゲームのレイアウター&ビュワーの中だけに縛られず、純粋な「資産」として出力したこと。
VRM内で表示できる超精密なポリゴンデータは今までゲーム内でのみ参照でき、副次利用としては画像・動画、あるいはAR(拡張現実)といったものでしか出力されることはなかった。
しかもそれをやるのは主にVRMユーザーであり、Imagicもユーザーもそれらで金銭を稼ぐことはできなかった。
だが、今回は過去に作成したデータを違う形で出力したことで(今回はカードの絵だけなのか、アーケード個体のゲーム素材も含むのか不明だが)手間暇はほとんどかけることなく、収入源を確保できたことになる。

今後も超精密ポリゴンを唄う3Dデータという膨大な資産をImagicがどう運用していくのか非常に楽しみである。


デパートで見つけたらやってみたいけど死ぬほど恥ずかしそうだ。(笑
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]