忍者ブログ
鉄道模型シミュレーター(VRM)を紹介するホームページ「CaldiaのVRM Room」の更新情報と、Caldia本人の日常ぐだぐだ日記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
DCC Room のPR3についての記事を書きました。
今回から<time>タグも利用します。
次は前から書きたかったJMRIについて書けるといいのですが。
PR
CaldiaのDCC Room」をリニューアル更新しました。
かねてより言っていたHTML5&ワイド対応です。

以前お伝えしていた時はWordPressで書き換える旨を言っていましたが、作業を進めていくとWordPressに今までの記事を再度書いていくのに(それがコピペであっても体裁を整えるのに)非常にモチベーションの低下を引き起こしたこと、またWordPressから静的HTML出力を行った後の細かな整形の手間を考えるとWordPressで作業するのも手作業でやるほうが効率良さそうだったので今までどおりTeraPadで全ページ更新しました。
特に今回はS-JISからUTF-8変換も行ったので割と手間だった…ですが本文の中身は全然手直ししていないので割とさくさく進みました。

他のページも気が向いたら作業予定です。
が、VRMページは特殊なスタイルが多いので多分そのまま。

あとDCCに関してはPR3を購入するなど新たな進展があったりするので記事も増える予定です。
デスマ発生告知より、ご心配をお掛けしていたかもしれませんが何とか無事です。
6月に入って本格的なデス・スパイラルになる前に上層部からのプロジェクト監査が入り、プロジェクト立て直しの計画が決まるまでしばらく残業規制がかかりました。
ブラック企業じゃなくて良かった…。

休日も余裕が出てきたため、リハビリも兼ねてVRMレイアウトを作りました。

Advance Trackのレールは前から結構気になっていたため(いつの間に発売されていたのか知りませんでしたが)購入して規格とかひと通り試しました。

その時に試した実験台的なものをサンプルレイアウトとしてクラウドで公開しています。

感触としては「VRM6」と言いたくなるような雰囲気。
レールが高品質になっただけで別ゲームのような印象を感じます。
特に土台が大きくなった分、Nゲージ的な印象からOゲージに近いイメージもあります。
複線・複々線にすると土台が繋がるため標準緑色の下地が見えず、よりリアルな印象を受けます。




少し惜しいと感じたのは両渡り線を作ると、土台と枕木が干渉してしまう点でしょうか。
枕木と土台が平面で構成されているために起こる現象です。
全体的にリアルになっている分、この干渉がやけに気になります。
流石に枕木単位でポリゴン生成は出来ませんが、バンプマッピングを利用するか、専用線路を作って欲しいなーと思います。

あと気になるのはエンドレールの末端処理が無いことでしょうか。
ブログで紹介されて言た特殊レールも末端処理がなされて無さそうなので、ここは地形か他パーツでカバーするしか無いのかな?バラスト斜面を作ってもらえると助かるのですが。


カーブ半径も多様に揃えてもらっていますし、調節用の直線レールも豊富、あと中の人が言っていたようにポイントの誤差が非常に出にくい仕様になっているので、合わせるのも楽でした。
まさにアドバンスなレール規格だと思いました。
カーブ半径の関係上、クラウドレイアウトを作りこむのはなかなか厳しそうですが、余裕があれば今クラウドにアップしているレイアウトも増設していきたいと思います。
工完が2ヶ月伸びました。
多分まだ伸びる。

どこまでも続くよデスマーチ。
海外出張を含めた足掛け2年間のプロジェクトにようやく終わりが見え始めました。

来月5末の完成を目標にラストスパートまっしぐらです。
ニュースリリースも出してしまったので後には引けません。

去年度も有給休暇なんぞ爺さんの葬儀以外は使ってる暇がありませんでしたが、今年度もプロジェクトが収束するまで休みはありません。GWももちろんありません。(奇跡的にうまくいったら6月以降に取れる、かも)

月平均残業時間も80時間を突破しました。
100時間には達していませんが、多いと思うか少ないと思うかは微妙なところです。
少なくとも残業代は出てるのでブラックじゃないと思いたい。

やってることは半分ぐらいIP発注の尻拭いなのでモチベーションは最悪です。ぶっちゃけ作りなおしたほうが早いし品質も良いしステップ数も少なく済むのに人件費が安いからって簡単に外注するからこんな目に合う。てか今のアーキテクチャだとユーザーカスタマイズで手を入れられないので必ず直す。

愚痴っぽくなりましたが体力的にはともかく精神的に大分キツイ状況が続いています。
仕事が一段落したら1週間ぐらい旅に出たいです。

でわ。
Hurry up! アテンの群れ(※1)から
Let it go! はぐれた君の
What do you see? 宇宙船は、トリノスケール(※2)ほら赤く点灯
Hurry up! そろそろ時間ね
Let me see, 準備はいかが?
Can you do? 誰かを救う 君の勇気をほら見せて頂戴
アポフィス(※3)の近づくように 行き先なくして彷徨う
何千回何万回も生まれ変わる 始まりと終わりが交わる場所
何億光年離れた 君のこと 追いかけて声届くまで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

アポフィスの近づくように 頬を掠める光は
何千回何万回も
何千回何万回も生まれ変わる 始まりと終わりが交わる場所
何億光年離れた 君のこと 抱きしめて弧を描くまで
追いかけて声届くまで





※1 アテンの群れ・・・アテン型小惑星のこと。軌道長半径が1天文単位より小さい地球近傍小惑星。
※2 トリノスケール・・・地球近傍天体(NEO)が地球に衝突する確率、及び衝突した際の予測被害状況を表す尺度。赤の場合は「間違いなく衝突」レベル。
※3 アポフィス・・・アテン群に属する地球近傍小惑星の一つ。2009年頃、2036年に地球に衝突するのではと噂された。最近では計算間違いだとわかり否定されている。

解説はWikipediaより引用。
他にも多分間違えが多いはず。
調べてみると中々奥が深い。
(????? ???) は分からなかった。(ギャリードゥ!)と言うふうにも聞こえる。
 
 
地球もアテン群も太陽の周りを同じような軌道で回り続ける。
地球を掠めそうだと思っても、宇宙は大きくて、天体はまったくぶつかることがない。
だけど人間が生きてるうちはぶつからなくても、宇宙が何億年何兆年も続く限り、いつかはぶつかるかもしれない。
そんなスケールと、後半は輪廻と掛けてるのかも。



3/17
通りすがりさんのご指摘により修正しました。
我ながらひどい英語のリスニング力。(笑)
自戒の念も込めて各和訳など。

Hurry up!    ・・・急げ!
●Ready go!    ・・・さあ、行こう!
●What do you see? ・・・何が見える?
●Let me see...    ・・・ええと、そうだなぁ…
●Can you do!    ・・・できるさ!
 
「離れた」と「離れない」は何度か聞き比べても拙者音響環境ではあやふやですが、言葉的には指摘のほうが筋が通っていますね。

6/16
最終修正。

 
VRMクラウドがリリースされました。
かねてよりテスターとしてクローズドβに参加させて頂き、またリリース時点で公開可能なレイアウトを作成させて頂いていました。
広大なレイアウト空間にバーチャルならではの縦横無尽な配線をしたマップになっています。
よろしければご覧ください。


Wordpressでリニューアルをしようとしているホームページについて。

リニューアル内容は主に2点。


1つ目は、とうとうHTMLがHTML5になります。
来月にXPサポートが切れますが、これによりIE8をサポートしなくていい(Win7では標準ブラウザだけどアップデートしてくれw)ようになるためちょうどいいタイミングだと言えます。

ちなみに、今まで普通のエディタで書いていたため文字コードがShift_JISだったのですが、HTML5では文字コードもUTF-8に変更となります。
まあ表示には全然影響しませんが。
(余談ですが、仕事で入力フォームのあるWebサイト開発だと度々文字コードで泣かされてます。OSとAPサービスとDBや入出力ファイルの文字コードが違ってたりするとしんどいです)


2つ目は見た目の問題で、今までは17インチの画面サイズを想定して横幅を600pxぐらいに収めていましたが、リニューアル後は960pxまでアップします。
これは現在の画面の主流がHDないしフルHDになったためと、スマホやタブレットで表示する際にこのサイズで初期化されることが多いためです。(980pxとも言われてますが)
折角ならリキッドデザインとかもありそうですが、その辺の設定はもうちょいHTML5を覚えてから取っ付き始めようと思っています。
あと文字サイズも大きく(=Webブラウザ標準サイズ)します。


リニューアル時期ですが、ちょっと目処が立っていません。
WordpressからのHTML出力をそのまま別のサイトに表示させることがそもそもWordpressに想定されておらず、どこまでWordpressでやって、どこから手動で修正をかけないと駄目なのかが見えていないためです。
今のところ自動生成される絶対リンクあたりは手動変換が必要かなぁと感じています。

また、記事のページ名はなるべく変えたくないので、パーマネントリンクのカスタムでそのへんの調節もやっています。(記事名を最初から*.htmlとして出力する等)
が、そのお陰でWordpressの固定ページ機能が使えなかったり。
あと地味にindex.htmlが作成できないとか。

しばらくはWordpressの勉強が必要ですね。


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最新コメント
[03/02 Caldia]
[03/02 USO800鉄道]
[03/02 AKAGI]
[11/17 NONAME]
[10/22 Caldia]